学科一般~過去問私的解説&ヒント~第55回気象予報士試験

問11:気候変動について

問題文

気候変動について述べた次の文(a)〜(d)の正誤の組み合わせとして正しいものを,下 記の1〜5の中から 1 つ選べ。

(a) 大規模な火山噴火により成層圏に放出された亜硫酸ガスが化学変化してできた微 小な液滴のエーロゾルが全球に広がると,日射を散乱するために気温が低下する。

(b) 気温が低下して地球表面の雪や氷の面積が増大すると,アルベドが大きくなって 太陽からの放射エネルギーの吸収が減り,さらに気温低下をもたらす。

(c) 大気中の二酸化炭素が増加すると,二酸化炭素が可視光線域に強い吸収帯を持つ ために,太陽からの短波放射の吸収量が増えて気温が上昇し,地球温暖化が引き起 こされる。

(d) 地球温暖化により永久凍土が融解すると,温室効果ガスのひとつであるメタンが 大気中に放出され,気温がさらに上昇する。

② (a)正, (b)正, (c)誤, (d)正

(a)火山噴火と気温低下

火山噴火により排出された亜硫酸ガスは成層圏に2 ~ 3 年滞留し、日射を散乱して気温を低下させます。

亜硫酸ガスは対流圏なら雲や雨で除去されますが、成層圏では除去してくれる雲や雨がないので長期間止まってしまうのです。

30歳以上の方なら覚えてるかな?

1991年にフィリピンのピナツボ火山が噴火し、1993年の夏は記録的な冷夏となりました。

はれの
はれの

日本の美味しいお米を食べれなくなり、パサパサしたブレンド米を食べた記憶があります。

そんなわけで、(a)の「(a) 大規模な火山噴火により成層圏に放出された亜硫酸ガスが化学変化してできた微小な液滴のエーロゾルが全球に広がると,日射を散乱するために気温が低下する。」は正しい!

ここに書いてあるよ

(b)アルベドの気温

地球表面の雪や氷が増えると太陽から入射したエネルギーを反射し、アルベドの増加に繋がります。

アルベドが増加すると地球が太陽から受け取るエネルギーも減るので、気温が下がるわけです。

この現象が暴走すると、スノーボールアースになるって考えられてますよね。

だから(b)の「 気温が低下して地球表面の雪や氷の面積が増大すると,アルベドが大きくなって 太陽からの放射エネルギーの吸収が減り,さらに気温低下をもたらす。」は正しい!

(c)温暖化と電磁波の波長

二酸化炭素が強い吸収帯を持っているのは、赤外線です!

「可視光線に強い吸収帯などもっている」ってのは間違いです。

だから(c)の「 大気中の二酸化炭素が増加すると,二酸化炭素が可視光線域に強い吸収帯を持つ ために,太陽からの短波放射の吸収量が増えて気温が上昇し,地球温暖化が引き起 こされる。」は誤り!

ここに書いてあるよ

(d)メタンと温暖化

永久凍土の融解でメタンが出て温暖化が加速〜というのも、温暖化界隈では有名な話ですよね。

だから(d)の「 地球温暖化により永久凍土が融解すると,温室効果ガスのひとつであるメタンが 大気中に放出され,気温がさらに上昇する。」は正しい!

はれの
はれの

温暖化に関する情報は、情報源をチェックしつつ、内容も注意深くキャッチしたいものです。

スポンサーリンク

問12:予報業務の許可を受けるために必要な事項

問題文

予報業務の許可を受けるために気象庁⻑官に提出する予報業務許可申請書もしくは それに添付する書類に記載が必要な事項 (a)〜(d)の正誤の組み合わせとして正しいものを,下記の1〜5の中から 1 つ選べ。

(a) 収集しようとする予報資料の内容及びその収集方法

(b) 現象の予想の方法及び適中率

(c) 発表する予報を利用者に配信する施設の概要

(d) 気象予報士の氏名及び生年月日

③ (a)正, (b)誤, (c)誤, (d)誤

はれの
はれの

予報業務許可申請書もしくは それに添付する書類に記載が必要な事項かどうか問題〜

(a)添付書類「予報業務計画書」

気象業務法施行規則第10条の「予報業務の許可の申請」に、「前項の申請書には、次に掲げる書類(地震動、火山現象及び津波の予報の業務に係る申請にあつては、第二号に掲げる書類を除く。)を添付しなければならない。」とあります。

その添付書類の「事業所ごとの次に掲げる事項に関する予報業務計画書」の内容は次のイ〜ホ。

事業所ごとの次に掲げる事項に関する予報業務計画書
  •  予報業務を行おうとする事業所の名称及び所在地
  •  予報事項及び発表の時刻
  •  収集しようとする予報資料の内容及びその方法
  •  現象の予想の方法
  •  気象庁の警報事項を受ける方法

だから(a)の「 収集しようとする予報資料の内容及びその収集方法」は正しい!

(b)適中率は不要!

現象の予想の方法は必須。

でも適中率なんて不要です。

事業所ごとの次に掲げる事項に関する予報業務計画書
  •  予報業務を行おうとする事業所の名称及び所在地
  •  予報事項及び発表の時刻
  •  収集しようとする予報資料の内容及びその方法
  •  現象の予想の方法
  •  気象庁の警報事項を受ける方法

だから(b)の「 現象の予想の方法及び適中率」は誤り!

(c)利用者に配信する施設の概要は不要

配信する施設の概要を示せ的なことは、どこにも書いてないですね〜

だから(c)の「 発表する予報を利用者に配信する施設の概要」は誤り!

(d)気象予報士の名前&登録番号は記載

添付する書類は「予報業務計画書」以外に「事業所ごとに置かれる気象予報士の氏名及び登録番号を記載した書類」が必要。

でも生年月日は不要です!

だから(d)の「 気象予報士の氏名及び生年月日」は誤り!

スポンサーリンク

問13:気象予報士について

問題文

気象予報士について述べた次の文(a)〜(d)の正誤について,下記の1〜5の中から正し いものを 1 つ選べ。

(a) 不正な手段により気象予報士試験に合格したために,試験の合格を取り消された 者は,以後最⻑ 5 年間は気象予報士試験を受けることができない。

(b) 日本国籍を持たない者は気象予報士試験を受けることができない。

(c) 気象予報士試験に合格し,気象予報士となる資格を有する者が気象予報士となるには,国土交通大臣の登録を受けなければならない

(d) 気象予報士が,刑法の規定により罰金以上の刑に処せられたときには,気象予報 士の登録を抹消される。

① (a)のみ正しい
② (b)のみ正しい
③ (c)のみ正しい
④ (d)のみ正しい
⑤ すべて誤り

⑤ すべて誤り

(a)5年間じゃなくて2年以内

第二十四条の十八「気象庁長官は、前二項の規定による処分を受けた者に対し、情状により、二年以内の期間を定めて試験を受けることができないものとすることができる。」より…

「二年以内の期間を定めて」なので、最長で2年間ってこと。

だから(a)の「 不正な手段により気象予報士試験に合格したために,試験の合格を取り消された者は,以後最⻑ 5 年間は気象予報士試験を受けることができない。」は誤り!

(b)国籍は問わない

気象予報士となるための資格は、気象予報士試験に合格したものであること。

で、気象予報士試験の受験資格に制限はありません(ただし、気象業務法による処分を受けた場合を除く)。

はれの
はれの

つまり国籍は問わないってこと。

だから(b)の「 日本国籍を持たない者は気象予報士試験を受けることができない。」は誤り!

(c)超サービス問題

国土交通大臣じゃない!気象庁長官だから!

(c)の「 気象予報士試験に合格し,気象予報士となる資格を有する者が気象予報士となるには,国土交通大臣の登録を受けなければならない」は誤り!

(d)資格抹消の条件の一つ

(d)の「 気象予報士が,刑法の規定により罰金以上の刑に処せられたときには,気象予報士の登録を抹消される。」は誤り。

「刑法の規定により」じゃなくて「気象業務法の規定により」ですね。

第二十四条の二十五を読んでみましょう〜

第二十四条の二十五 

気象庁長官は、気象予報士が次の各号の一に該当する場合又は本人から第二十四条の二十の登録の抹消の申請があつた場合には、当該気象予報士に係る当該登録を抹消しなければならない。

  •  死亡したとき。
  •  第二十四条の二十一第一号に該当することとなつたとき。
  •  偽りその他不正な手段により第二十四条の二十の登録を受けたことが判明したとき。
  •  第二十四条の十八第一項の規定により試験の合格の決定を取り消されたとき。

第二十四条の二十一はこちら↓

第二十四条の二十一
  •  この法律の規定により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を受けることがなくなつた日から二年を経過しない者
  •  第二十四条の二十五第一項第三号の規定による登録の抹消の処分を受け、その処分の日から二年を経過しない者

「この法律」とは「気象業務法」のことです。

スポンサーリンク

問14:気象業務法における用語の定義

問題文

気象業務法における用語の定義に関する次の文(a)〜(d)の正誤について,下記の1〜5 の中から正しいものを 1 つ選べ。

(a) 「気象」とは,大気(電離層を除く。)の諸現象をいう。したがって「気象」の観測 種目には,気圧や気温,相対湿度,風,雲が含まれる。

(b) 「水象」とは,気象又は地震に密接に関連する陸水及び海洋の諸現象をいう。し たがって「水象」には,降水現象や洪水,波浪,高潮が含まれる。

(c) 「観測」とは,自然科学的方法による現象の観察及び測定をいう。

(d) 「予報」とは,観測の成果に基く現象の予想の発表をいう。

① (a)のみ誤り
② (b)のみ誤り
③ (c)のみ誤り
④ (d)のみ誤り
⑤ すべて正しい

② (b)のみ誤り

(a)気象とは

気象業務法において「気象」とは、大気(電離層を除く。)の諸現象をいう。…第一章 総則(定義)

具体的に言うと・・・

  • 天気
  • 降水
  • 水の凝結による現象(大気中に限らない)
  • じん象
  • 光象

などなわけで。

観測項目も問題文の通り!

だから(a)の「 「気象」とは,大気(電離層を除く。)の諸現象をいう。したがって「気象」の観測種目には,気圧や気温,相対湿度,風,雲が含まれる。」は正しい!

(b)水象とは

この法律において「水象」とは、気象又は地震に密接に関連する陸水及び海洋の諸現象をいう。

水象を具体的に言うと

  • 津波
  • 高潮
  • 洪水
  • 地下水位の変化
  • 湖沼の消失
  • 湧水の濁り

などです!

降水は大気中の現象なので「水象」じゃなくて「気象」ですねー。

だから(b)の「 「水象」とは,気象又は地震に密接に関連する陸水及び海洋の諸現象をいう。したがって「水象」には,降水現象や洪水,波浪,高潮が含まれる。」は誤り!

(c)観測とは

気象業務法第一章・第二条の5に「この法律において「観測」とは、自然科学的方法による現象の観察及び測定をいう。」とあります。

だから(c)の「 「観測」とは,自然科学的方法による現象の観察及び測定をいう。」は正しい!

(d)予報とは

気象業務法第一章・第二条の6に「この法律において「予報」とは、観測の成果に基く現象の予想の発表をいう。」とあります。

だから(d)の「 「予報」とは,観測の成果に基く現象の予想の発表をいう。」は正しい!

スポンサーリンク

問15:災害対策の基本理念

問題文

災害対策基本法における災害対策の基本理念について述べた次の文章の空欄(a)〜 (d)に入る語句の組み合わせとして適切なものを,下記の1〜5の中から 1 つ選べ。

我が国の (a) に鑑み,人口,産業その他の社会経済情勢の変化を踏まえ,災害の発 生を常に (b) とともに,災害が発生した場合における被害の最小化及びその迅速な回 復を図ること。

国,地方公共団体及びその他の公共機関の適切な役割分担及び相互の連携協力を確 保するとともに,これと併せて,住⺠一人一人が自ら行う防災活動及び (c) その他の 地域における多様な主体が自発的に行う防災活動を促進すること。

災害に備えるための措置を適切に組み合わせて一体的に講ずること並びに科学的知 見及び (d) を踏まえて絶えず改善を図ること。

④ 
(a)自然的特性
(b)想定する
(c)自主防災組織
(d)過去の災害の教訓

災害対策基本法の「基本理念」は次の通り。

(基本理念)第二条の二 災害対策は、次に掲げる事項を基本理念として行われるものとする。

 我が国の自然的特性に鑑み、人口、産業その他の社会経済情勢の変化を踏まえ、災害の発生を常に想定するとともに、災害が発生した場合における被害の最小化及びその迅速な回復を図ること。

 国、地方公共団体及びその他の公共機関の適切な役割分担及び相互の連携協力を確保するとともに、これと併せて、住民一人一人が自ら行う防災活動及び自主防災組織(住民の隣保協同の精神に基づく自発的な防災組織をいう。以下同じ。)その他の地域における多様な主体が自発的に行う防災活動を促進すること。

 災害に備えるための措置を適切に組み合わせて一体的に講ずること並びに科学的知見及び過去の災害から得られた教訓を踏まえて絶えず改善を図ること。

引用元:e-gov
はれの
はれの

よく試験に出る箇所なので、何度も読んで覚えましょうね!

さいごに

第55回の気象予報士試験の学科試験の「予報業務に関する一般知識」を私・晴野の解き方を紹介しました!

試験の内容も、気象業務支援センターに一報入れて、書かせてもらってます。
※解説内容は気象業務支援センターとは関係ありません。晴野独自のものです。

はれの
はれの

どんな風に説明したら私の考えが伝わるのか、試行錯誤中。

一旦公開してますが、見直して、修正していく予定です。

それと、この過去問解説はどの機関のチェックも受けていないので、もしかしたら間違った内容になっているものもあるかもしれません。

もし「ここおかしいよ!」というのを見つけたら、遠慮せずに「お問い合わせ」からご連絡いただけたら嬉しいです。m(*_ _)m

題55回気象予報士試験の学科・専門知識の解説はこちら

学科専門~過去問私的解説&ヒント~第55回気象予報士試験

第54回気象予報士試験【実技試験1】【実技試験2】の過去問解説はこちら(noteにて、当分無料で公開しておく予定です。)

▶︎過去問解説記事もくじ

▶︎第54回気象予報士試験【学科・一般知識】

▶︎第54回気象予報士試験【学科・専門知識】

▶︎第53回気象予報士試験【学科・一般知識】

▶︎第53回気象予報士試験【学科・専門知識】

1 2 3