学科専門~過去問私的解説&ヒント~第57回気象予報士試験

問13:予報精度の評価

問題文

下表は予報区Aと予報区Bにおける降水の有無の予報と実況の分割表である。これらの表を用いた予報精度の評価について述べた次の文(a)〜(c)の正誤の組み合わせとして正しいものを、下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

(a)「降水あり」予報の適中率は、予報区Aより予報区Bの方が高い。

(b)降水の有無の適中率は、予報区Aより予報区Bの方が高い。

(c)降水ありのスレットスコアは、予報区Aより予報区Bの方が高い。

② (a)正,(b)正,(c)誤

(a)「降水あり」予報の適中率

「降水あり」予報の適中率は、「降水あり」と予報した場合に実際に降水があったかどうかの適中率のことです。

予報区Aで「降水あり」と予報されたのは10回。

実際に降水があったのは5回。

予報区Aでの「降水あり」予報の適中率・・・5 / (5+5) = 0.5

予報区Bで「降水あり」と予報されたのは6回。

実際に降水があったのは4回。

予報区Bでの「降水あり」予報の適中率・・・4 / (4+2) = 0.666666………

だから(a)「「降水あり」予報の適中率は、予報区Aより予報区Bの方が高い。」は正しい!

(b)降水の有無の適中率

では「降水の有無」の適中率の計算をしてみましょう。

予報区Aでの「降水の有無」の適中率・・・( 5 + 75 ) / (5+5+15+75) = 80 /100

予報区Bでの「降水の有無」の適中率・・・( 4 + 80 ) / (4+2+14+80) = 84 /100

上記の計算より(b)の「降水の有無の適中率は、予報区Aより予報区Bの方が高い。」は正しい!

(c)スレットスコア

「降水あり」のスレットスコアの計算をしてみましょう。

予報区Aの「降水あり」のスレットスコア・・・5 / (5 + 5 + 15) = 5 / 25 = 1 / 5

予報区Bの「降水あり」のスレットスコア・・・4 / (4 + 2 + 14) = 4 / 20 = 1 / 5

スレットスコアを計算した結果、予報区AとBで同じ値になりました。

だから(c)の「降水ありのスレットスコアは、予報区Aより予報区Bの方が高い。」は誤り!

広告

問14:流域雨量指数

問題文

気象庁が作成している流域雨量指数について述べた次の文(a)〜(c)の下線部の正誤の組み合わせとして正しいものを、下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

(a)流域雨量指数とは、河川の上流域に降った雨により、対象地点の洪水リスクがどの程度高まるかを把握するための指標で、洪水警報の「危険度分布」に用いられている

(b)流域雨量指数は、降った雨が地表面や地中を通って河川に流れ出す量をタンクモデルで計算し、河川を流下する量を運動方程式を用いて計算したもので、降った雨が時間をかけて河川に流れ出し、対象地点に流下するまでの時間差を表現することができる

(c)現在の洪水警報・洪水注意報の発表基準の気象要素には、流域雨量指数が用いられており、雨量は用いられていない。基準値は過去の洪水災害発生時の流域雨量指数の値をもとに設定されており、流域雨量指数の実況地や予測値とこの基準値を比較することにより、洪水リスクの高まりを把握することができる

① (a)正,(b)正,(c)正

(a)定義

流域雨量指数は洪水による災害発生の危険性を把握するための指標で、洪水注意報・警報に用いられています。

だから(a)の「流域雨量指数とは、河川の上流域に降った雨により、対象地点の洪水リスクがどの程度高まるかを把握するための指標で、洪水警報の「危険度分布」に用いられている。」は正しい!

(b)雨が降ってから河川に流れだす時間差

洪水の危険度は、降雨の状況やその地域の形状によっても変わります。

流域雨量指数はタンクモデルで計算した後、運動方程式や連続の式を使って河川を流れる量も計算します。

この方法は対象地点に流下するまでの時間差も表現できるので、(b)の「流域雨量指数は、降った雨が地表面や地中を通って河川に流れ出す量をタンクモデルで計算し、河川を流下する量を運動方程式を用いて計算したもので、降った雨が時間をかけて河川に流れ出し、対象地点に流下するまでの時間差を表現することができる。」は正しい!

(c)洪水リスクの高まりを把握

流域雨量指数が登場する以前は、洪水警報・注意報の基準に雨量を用いていましたが、現在は雨量を用いず、流域雨量指数・土壌雨量指数を導入しています。

また洪水警報・注意報の基準値は、過去に洪水災害が発生した時の流域雨量指数値から設定されています。

加えて流域雨量指数の現在の値と予測される値と、過去の災害時の値を比較し、洪水リスクを把握することができます。

だから(c)の「現在の洪水警報・洪水注意報の発表基準の気象要素には、流域雨量指数が用いられており、雨量は用いられていない。基準値は過去の洪水災害発生時の流域雨量指数の値をもとに設定されており、流域雨量指数の実況地や予測値とこの基準値を比較することにより、洪水リスクの高まりを把握することができる。」は正しい!

はれの
はれの

気象庁の解説ページがわかりやすいですよ〜

▶︎気象庁「流域雨量指数」

広告

問15:季節予報

問題文

図A〜Cは3つの異なる年の8月に観測された日本の天候(月平均気温平年差(上),月降水量平年比(中),月日照時間平年比(下))を示しており、図ア〜ウはそれぞれ図A〜Cのいずれかに対応する月平均海面気圧(実線)と平年偏差(陰影)を示している。図A〜Cと図ア〜ウの組み合わせとして正しいものを、下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

④ A:ウ,B:ア,C:イ

まずこの問題の図が8月のものだと頭に置いた上で・・・月平均海面気圧と平年偏差を見てみると、次のような印象です。

  • 図ア:全国的に猛暑?
  • 図イ:全国的に冷夏?
  • 図ウ:北日本ではぐずついた天気が多そう。

以上にあてはまる図を、A〜Cの中から探すと

  • 図ア:全国的に猛暑?→図B?
  • 図イ:全国的に冷夏?→図C?
  • 図ウ:北日本ではぐずついた天気が多そう。→図A?
図A
  • 気温:北日本で平年より低い。
  • 降水量:おおむね北日本で多い。中部・西日本の太平洋側を中心に平年より少ない。
  • 日照時間:北日本で平年より少ない。
図B
  • 気温:全国的に平年より高い。
  • 降水量:北日本の一部を除いて平年より少ない。
  • 日照時間:北日本の一部を除いて平年より多い。
図B
  • 気温:全国的に平年より少ない。
  • 降水量:特に西日本で平年より多い。
  • 日照時間:北日本の一部を除いて全国的に平年より少ない。

うん、辻褄が合いますね。

だから④の「 A:ウ,B:ア,C:イ 」が正解!

さいごに

私・ 晴野 はれの が第57回の気象予報士試験の学科試験「予報業務に関する専門知識」を解答する場合の考え方を紹介しました!

試験の内容も、気象業務支援センターに一報入れて、書かせてもらってます。
※解説内容は気象業務支援センターとは関係ありません。晴野独自のものです。

またこの記事の内容は、どの機関のチェックも受けておりません。

ですから、もしかしたら間違っている可能性もあります。

もし「ここおかしいよ!」と思う箇所があれば、遠慮せずに「お問い合わせ」からご連絡いただけましたら、ありがたく修正させていただきます。m(*_ _)m

はれの
はれの

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(о´∀`о)♡

【晴野が解いてみた】第57回の気象予報士試験の学科試験「予報業務に関する一般知識」はこちら
↓ ↓ ↓

学科一般~過去問私的解説&ヒント~第57回気象予報士試験

その他の過去問を解いてみた記事はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓

過去問解説/気象予報士試験問題〜もくじ〜

隙間時間を有効活用できるミニテストはこちら
↓ ↓ ↓

ミニテスト集
1 2 3 4 5