学科専門~過去問私的解説&ヒント~第52回気象予報士試験

問6:天気予報ガイダンスについて!簡単な〇X問題♪

〇X問題は時間かけるべからず。(本番では、知らない内容なら飛ばします)

ちゃっちゃと問題文の要点をつかみましょう!

(a)問題文

(a) 天気予報ガイダンスは,数値予報モデルの系統誤差を統計的に補正することがで きるが,初期値の誤差に起因するランダム誤差を補正することは困難である。

(a)は〇!

天気予報ガイダンスは

  • 数値予報モデルの系統誤差を統計的に補正することができる
  • 初期値の誤差に起因するランダム誤差を補正することは困難

「数値予報モデルの系統誤差」っていうのは、数値予報のくせみたいなもので、例えば地形のモデルが実際とはちょっと違うことだったりします。

はれの
はれの

ランダム誤差っていうのは、例えば「数値予報の前線の位置ずれ」とか。

他には、「数値予報の天気(晴れ、曇り、雨)が外れてる」、はたまた「数値予報が短時間強雨をまったく表現していない」とか。

そもそも初期値に誤差があると、そりゃあ「くせ」の問題でもないんだし、修正は難しいですよね。

(b)問題文

(b) カルマンフィルターを用いたガイダンスでは,実況の観測データを用いて予測式 の係数を逐次更新しており,局地的な大雨など発生頻度の低い現象でも適切に予測 することができる。

(b)は間違い!

簡単に言うと、カルマンフィルターを使うガイダンスでは

  • 発生頻度の高い現象を予測するのが得意(実況の観測データを用いて予測式 の係数を逐次更新するから)
  • 発生頻度の低い大雨や強風などは苦手(たまに大きな数値が組み込まれると、その後の予測の精度が悪くなる)

ややこしいけど、昔から度々出題されてることなので、頑張って覚えましょう!

(c)問題文

(c) ニューラルネットワークを用いたガイダンスは,目的変数と説明変数が非線形関係 をもつ場合にも適用できる一方で,予測結果の根拠を把握することは困難である。

(c)は〇!

ニューラルネットワークを用いたガイダンス

ニューラルネットワークは、説明変数(数値予報モデルの予測要素)と目的変数(予測したい天気要素)の関係が線形じゃなくてもOK。

また、予測式が複雑なせいで、説明変数と予測結果との関係を把握することが難しいんです。

はれの
はれの

このへんの説明をきっちり書いてる参考書が少ない・・・

というより、試験が参考書の穴をついてくるみたい。

このへんの勉強は難しいけど、過去問を有効に使って頑張ろー!

広告

問7:サービス問題!気象衛星可視画像の見方

各問題文の下線部のところが〇かXかで答えます。

はれの
はれの

この問題文にある「走向」が「走行」だったら答えが変わってしまうので、出題者のミス・・・ですかね。

(a)問題文

(a) 領域Aの雲パターンはLモードと呼ばれる。大気下層の風向とほぼ平行な走向を もつ筋状雲である。

この問題ね、「走行」だったら〇です!

「走向」だったら間違いです。

はれの
はれの

地学で「走向」って言ったら、「傾斜に直角な向き」のことなので、「走行」と90度ちがいますね。

問題文は「走向」なので、(a)は間違いって思っても仕方ないです。

(b)問題文

(b) 領域Bの帯状に広がる発達した雲域はJPCZに伴うものであり,積乱雲などを伴っ て顕著な降雪・雷・突風などを引き起こすことがある。

(b)は〇!

JPCZは「Japan sea Polar air mass Convergence Zone」の略で、日本語では「日本海寒帯気団収束帯」です。

中国大陸の山のせいで、二手に別れた寒気の流れが、日本海上で再び出会ってこんにちは→帯状にできる収束域のことです。

このJPCZがあると、特に荒れた天気になるので(b)は〇です。

(c)問題文

(c) 領域Cの雲パターンはTモードと呼ばれる。大気下層の風向とほぼ直交する走向 をもつ筋状雲である。

また出た「走向」。

気を取り直して〜「Tモード」とは、Transverse-modeのことで、「季節風の吹き出し方向に対してほぽ直交する方向にロ一ル軸をもつ大規模な雪雲のことです。

はれの
はれの

いわゆる冬の筋状の雲と、90度違うシマシマ模様に見える雲域のことですね。

これ、「走向」「走行」でも〇かと思うし、問題文作った人はおそらく「走行」のつもりで書いたと思うんですよね。

そんなわけで、ややこしいですが

問7は①が正解で良いと思う。

問8:サービス問題!温暖前線と寒冷前線について

(a)問題文

(a) 温暖前線面の傾きは寒冷前線面より緩やかで気塊がゆっくり上昇するので,温暖 前線上とその直近では積乱雲は発生しない。

(a)は間違い!

温暖前線は

  • 寒冷前線より穏やかに気塊が上昇する。
  • 一般的には穏やかに雨が降るけど、積乱雲が発生しないとは断言できない。

温暖前線にも色々あるというか、積乱雲が発生する条件が揃う温暖前線もあるのです〜

(b)問題文

(b) 寒冷前線に伴う降水域は温暖前線の降水域に比べて幅が広いことが多く,積乱雲 が発生して雷や突風などの現象を伴うことがある。

(b)は間違い!

寒冷前線の降水域は、教科書的には「温暖前線より幅が狭い」です。

積乱雲が発生して突風などの現象が〜は〇で良いと思うんですが。

(c)問題文

(c) ⻄日本以⻄の梅雨前線では,一般に,下層の南北方向の温度傾度が大きく,水蒸気 量の傾度も大きい。

(c)は間違い!

西日本より西側の梅雨前線では

  • 南北の温度傾度は小さく
  • 南北の水蒸気量の傾度が大きい
はれの
はれの

南北の温度傾度が大きいのは、オホーツク海の冷たい気団と太平洋の南から来る暖かい気団でできる「東側の梅雨前線」ですね。

(d)問題文

(d) 梅雨前線に伴う大雨の際には,前線の南側にしばしば下層ジェットと呼ばれる強 風帯がみられる。

(d)は〇!

下層ジェットは、梅雨前線などの対流活動が活発で大雨が降っている近くに観測されます。

はれの
はれの

700hPaくらいの対流圏下層みられます。

下層ジェットができる理由の一つに、「激しい対流活動による水蒸気の凝結で大気が加熱されて、気圧傾度力が強まること」があると考えられています。

広告

問9:サービス問題!ダウンバーストの基本+α

問題文

ダウンバーストにより家屋や樹木の倒壊などの災害がもたらされる。その被害地域 は多くの場合,(a)円形や楕円形となる特徴がある。ダウンバーストにより吹き出した 風が水平方向に広がる範囲は,(b)最大で約 1km に達する。

積乱雲内で形成された降水粒子の荷重に加えて,その蒸発や融解に伴う大気の冷却 により,ダウンバーストを引き起こす下降気流が強化される。特に,積乱雲の雲底が 高く,(c)雲底の下の大気が湿っているほど,下降気流が強くなり,ダウンバーストの 発生に好都合となる。

(a)円形や楕円形となる〜は〇!

これはどの参考書にもかいてあるレベルのことなんですが・・・

ダウンバーストは、冷たい空気が上から下に落ちてきて、横に広がる(バーストする)現象なので、基本的に円形から楕円形の被害があるって、納得ですよね。

(b)最大で約 1km〜は間違い!

ダウンバーストにより吹き出した 風が水平方向に広がる範囲は、数百m〜数十kmくらいです。

(c)雲底の下の大気が湿っている〜は間違い!

積乱雲の下の空気って、乾燥している方が

下降する空気塊の水蒸気が蒸発
水蒸気の蒸発で空気塊の温度が下がる
空気塊の温度が下がったことで下降気流が強まる

という風に、下降気流が強まるんです。

だから「ダウンバーストの発生に好都合」なのは、「下層の空気が乾燥している時」です。

はれの
はれの

ちなみに下層の空気が湿っていると、雹が降るなど、別の被害が心配なのです〜

問10:500hPa 高度・渦度解析図をマスターしてるか?!

問題にある図と文の「正しい組み合わせ」は、どれでしょう?って問題です。

  • 図ア、イ、ウは、それぞれ違う日の天気図
  • 文(a)、(b)、(c)は、図ア、イ、ウのどれかの日の地上での状況
はれの
はれの

問題文にどの図が当てはまるのかで考えます。

(a)問題文

(a) 低気圧が日本海中部にほぼ停滞しており,北日本から西日本にかけての日本海側 で雪が降っている。

低気圧が日本海中部にほぼ停滞→切離低気圧→日本海の西に深いトラフがありそう。

北日本から西日本にかけての日本海側 で雪→北日本から西日本にかけて正渦度?

はれの
はれの

切離低気圧できるほどトラフが深いのは、図ウかな。

(b)問題文

(b) 梅雨前線が山陰沖から北日本に停滞しており,前線の活動は活発になっている。

梅雨前線が山陰沖から北日本に停滞→6月〜7月くらいの暖かい季節で、梅雨前線の北側に比べて、南側は等高度線がスカスカ(言い方w)

前線の活動は活発→正渦度でわかるかな?

はれの
はれの

北側に比べて、南側の等高度線がスカスカなのは、図アですね。

(c)問題文

(c) 九州の南に発達中の低気圧があり,北日本の一部を除き全国的に雨や雪が降っている。

九州の南に発達中の低気圧→九州の南西にトラフがあるはず。

北日本の一部を除き全国的に雨や雪→北日本の一部をのぞいて正渦度じゃないかな?

はれの
はれの

九州の西側に、緩めのトラフがあって、北日本の一部以外が正渦度なのは、図イですね。

というわけで、答えは④ですね!

▼問11以降は次のページをご覧ください。

1 2 3