学科専門~過去問私的解説&ヒント~第58回気象予報士試験

問10:竜巻およびダウンバースト

問題文

気象台が突風被害の発生した2か所で現地調査を行った結果、1か所では竜巻、もう1ヶ所ではダウンバーストが発生したものと判定された。草木の倒れている方向の調査結果(a)(b)および住民への聞き取りの調査結果(ア)〜(ウ)について、竜巻およびダウンバーストの特徴を示す組み合わせとして適切なものを、下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

〇草木の倒れている方向の調査結果

※図中の矢印は、⚫️の地点の草木や物が倒れたり移動した方向を示したもの。

〇住民への聞き取りの調査結果

(ア)
  • 突風被害時は晴れて気温が高かった。
  • 突然、地面から渦巻が発生してテントが巻き上がった。
(イ)
  • 「ゴーという音が聞こえた。」という住民が多かった。
  • 激しい雷雨だった。
  • 「耳に異常を感じた。」という住民が多かった。
(ウ)
  • 激しい雷雨で雹(ひょう)も伴っていた。
  • 突風が吹く前後で気温が急に低下した。

② 竜巻の特徴:(a),(イ)
ダウンバーストの特徴:(b),(ウ)

まずダウンバーストから考えていきます。

ダウンバーストは積乱雲から落ちてきた冷気が、地面に当たって放射状に広がる強風です。

だから草木の倒れる方向は、放射状になっている方がダウンバーストだと考えられます。

次に、竜巻による風は渦を巻いているので、樹木などはあちこちに倒れると想像できます。

また被害の範囲もダウンバーストは相対的に幅広、竜巻は相対的に幅が狭いはず。

だから・・・

(a):竜巻
(b):ダウンバースト

次に住民への聞き取りについて。

(ア)は晴れていて気温は高く、積乱雲はないようです。

この状態で地面から渦巻きが発生したということは、「旋風」でしょう。

(イ)は雷雨があり、積乱雲があったことがわかります。

さらに「耳に異常を感じた」ということは、急激に気圧が低下したのでしょう。

また「ゴーという音が聞こえた」というのは、猛烈な風が吹いていたのだろうと考えると、「竜巻」でしょう。

(ウ)は雷雨に雹ということで、積乱雲があったことがわかります。

また突風が吹く前後で急激に気温が下がったということなので、冷気プールが存在し、「ダウンバースト」が発生したのでしょう。

以上のことから

竜巻の特徴:(a),(イ)

ダウンバーストの特徴:(b),(ウ)

広告

問11:気象衛星水蒸気画像

問題文

図(a)〜(d)の気象衛星水蒸気画像は、日本付近で停滞前線上に発生した低気圧が発達して閉塞し始めるまでの状況を、12〜15時間間隔でとらえたものであり、順不同で並べてある。これらの画像の観測時刻の早い方からの順序として適切なものを、下記の①〜⑤の中から1つ選べ。ただし、図の緯度経度線は10°毎に引かれており、南北の範囲は北緯20°〜45°であるが、東西の範囲は擾乱の移動にあわせてずらしている。

① (a)→(c)→(b)→(d)
② (a)→(c)→(d)→(b)
③ (b)→(d)→(c)→(a)
④ (c)→(a)→(d)→(b)
⑤ (c)→(a)→(b)→(d)

① (a)→(c)→(b)→(d)

暗域を見れば数秒で答えられると思うので、これはサービス問題ですね。

最も乾燥域(暗域)がはっきりしていて、低気圧のコンマ雲の中心に入り込んでいる(d)が最後。

(d)

(d)の次に暗域が低気圧中心に入り込んでいるのは(b)なので、(d)の前が(b)。

(b)

残った(a)と(c)を見比べると、(c)の方がバルジや前線、前線より暖域側の水蒸気が多く、雲の発達しているのがわかります。

(c)

つまり(a)→(c)の順番です。

だから答えは①の(a)→(c)→(b)→(d)

広告

問12:台風

問題文

台風について述べた次の文(a)〜(d)の正誤について、下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

(a)眼が観測される最盛期の台風では、眼を取り巻く壁雲付近で風速が最大となる。

(b)最盛期の台風の中心付近の気温は、地表からほぼ対流圏界面まで周辺に比べて高い。

(c)台風の眼を取り巻く壁雲付近には強い上昇流があるが、眼の中には弱い下降流が存在する。

(d)気象庁では、観測点のない海上における台風の最大風速や中心気圧の解析には、気象衛星画像による台風の雲域の形状や雲頂温度の分布から台風の強度を推定する方法を用いている。

① (a)のみ誤り
② (b)のみ誤り
③ (c)のみ誤り
④ (d)のみ誤り
⑤ すべて正しい

⑤ すべて正しい。

(a)最大風速の場所

最盛期の台風の中心からの距離と風速をあらわした図(一般気象学p234 図8.26)でもわかる通りです。

(a)の「眼が観測される最盛期の台風では、眼を取り巻く壁雲付近で風速が最大となる。」は、正しい!

(b)気温分布

最盛期の台風の中心付近では、潜熱の放出に伴う加熱のため、周囲より気温が高くなっている。

しかも海面高度から、ほぼ圏界面まで。

だから(b)の「最盛期の台風の中心付近の気温は、地表からほぼ対流圏界面まで周辺に比べて高い。」は正しい。

(c)眼の下降流

(c)の「台風の眼を取り巻く壁雲付近には強い上昇流があるが、眼の中には弱い下降流が存在する。」は、その通りです。

台風の眼では、全体が下降流というわけではなく、上昇流と下降流が混在してて。

その下降流は強くない。

だから台風の眼では快晴より曇りがち。

(d)観測点のないところでの解析

(d)の「気象庁では、観測点のない海上における台風の最大風速や中心気圧の解析には、気象衛星画像による台風の雲域の形状や雲頂温度の分布から台風の強度を推定する方法を用いている。」は、その通りです。

そういえば台風の目が小さく締まったように観測された時、実際の観測では「台風の中心気圧」や「風速」が、予報より弱い台風だった…なんてこともありました。

台風が発生・発達する領域では、観測点も少ないし、悩ましいことです。

ここに書いてあるよ

「一般気象学(第2版)」 p 234 ~

【オンスク.JP】 「気象予報士講座」第 8 章 7 ~ 9

▼問13以降は次のページをご覧ください。

1 2 3 4 5