ミニテスト~気象業務法・法規~ランダム出題

毎回 4 問出題される「気象業務法・法規」を極めれば、学科試験一般知識合格も近いですよ!

ここでは気象業務法・法規に関する問題(48問)をランダムに出題します。

クイズ感覚でどんどんチャレンジしてください!
\\٩( ‘ω’ )و ///

【気象業務法・法規】ランダムテスト

気象業務法・法規に関してランダムに出題するミニテスト

1 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象観測の法規について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「スキー場を運営する事業者がゲレンデ付近の気温をホームページに掲載するためにスキー場内に温度計を設置する場合は,その事業者は温度計の設置について気象庁長官に届け出なければならない。

2 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象庁が発表した最高気温の予報を用いて、熱中症に関する注意喚起の情報を発表するときには、予報業務の許可を受けなければならない。

3 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けた者(地震動,火山現象又は津波の予報業務のみの許可を受けた者除く。)は,予報業務の目的又は範囲を変更しようとするとき,その30日前までに,気象庁 ⻑官に届け出なければならない。

4 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

複数の気象予報士の配置が規定されている事業所において規定数の気象予報士から1名が欠員となった場合には、1ヶ月以内であればその欠員が補充されるまでの間、残った気象予報士により予報業務を継続することができる。

5 / 48

Category: 気象業務・法規

【気象予報士の人数】

予報業務の許可を受けた者は,予想を行う時間が 15 時間 のときには 何名以上の気象予報士を配置しなければならないか。当てはまるものを選びましょう。

6 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象庁以外の者が気象,地象,津波,高潮,波浪又は洪水の予報の業務を行おうと する場合は,気象庁長官の許可を受けなければならない。

7 / 48

Category: 気象業務・法規

【気象予報士の人数】

予報業務の許可を受けた者は,予想を行う時間が 21 時間のとき,何名以上を配置しなければならないか。当てはまるものを選びましょう。

8 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象の予報業務について許可を受けた会社に雇用されている気象予報士が,会社の業務として同社が許可を得ていない波浪の予報を行った場合,当該気象予報士の ほか,法人としての会社も罰せられる。

9 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象業務法における気象予報士について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「予報業務の許可を受けた事業者は,予報業務を行う事業所に複数配置した気象予報士に1名の欠員が生じ,国土交通省令で定める人数に満たなくなった場合には,ただちに予報業務を停止しなければならない。

10 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

発表する予報を利用者に配信する施設の概要は、予報業務の許可を受けるために気象庁⻑官に提出する予報業務許可申請書もしくは それに添付する書類に記載が必要である。

11 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象業務法に定められた警報や特別警報について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

特別警報とは,予想される現象が特に異常であるため重大な災害の起こるおそれが著しく大きい場合に発表される。

12 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は、気象予報士に関して述べています。
⭕️❌で答えよう

気象予報士となるためには,気象予報士試験に合格し,気象庁⻑官の承認を受け なければならない。」

13 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は予報業務許可事業者に対する罰則について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「気象庁長官による予報業務の改善命令を受けた予報業務許可事業者が,改善命令に違反して業務を行ったら罰則が適用される。

14 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は、気象庁が行う予報および警報に関して述べています。
⭕️❌で答えよう

気象庁は,気象,地象(地震にあっては,地震動に限る),津波,高潮,波浪及び 洪水についての一般の利用に適合する予報及び警報をしなければならない。」

15 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象庁長官の許可を受けて気象の予報業務を行っている者は,予報事項に係る現象の予想を行った気象予報士の名前を記録し,3 年間保存しなければならない。

16 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象業務法における気象予報士について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けた事業者の下で予報業務に従事しようとする気象予報士は,事業者を通じて予めその旨を気象庁長官に届け出なければならない。

17 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は、気象庁が行う予報および警報に関して述べています。
⭕️❌で答えよう

 気象庁は,津波,高潮,波浪及び洪水以外の水象についての一般の利用に適合する 予報及び警報をすることができる。」

18 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の全部または一部を廃止したときは,廃止した日から30日以内に,気象庁⻑官に届け出なければならない。

19 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けた事業所において現象の予想に携わる気象予報士は、気象庁長官から発行された気象予報士登録通知書を事業所に掲示しておかなければならない。

20 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けている者は,行っている予報業務に係る気象庁の警報事項 (特別警報を含む)を当該予報業務の利用者に迅速に伝達するように努めなければならない。

21 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象業務法に定められた警報や特別警報について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象庁から特別警報に係る警報事項の通知を受けた都道府県の機関は,直ちにその通知された事項を関係市町村長に通知しなければならない。

22 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務許可事業者は、予報業務のうち現象の予想を行う事業所ごとに、国土交通省令で定められた人数以上の専任の気象予報士をおかなければならない。ただし予報業務を的確に遂行する上で支障がないと気象庁長官が認める場合は、この限りではない。

23 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けている者が,気象業務法に基づく命令に違反したときは, 気象庁長官はその許可(予報業務の許可)を取り消すことができる。

24 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けていた者がその名称を変更したときは,予報業務の目的および範囲に変更がなければ,名称の変更について気象庁⻑官に報告書を提出する必要はない。

25 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は、気象予報士に関して述べています。
⭕️❌で答えよう

予報業務の許可を受けた事業者が発表した天気予報の解説を行う者は,事業者に 所属する気象予報士でなくてはならない。」

26 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象観測の法規について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「農園で果樹の管理のために農園内の苗木の間に温度計を設置する場合は,その農園の運営者は温度計の設置について気象庁長官に届け出なければならない。

27 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象観測の法規について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「学会に発表する論文に掲載するデータを得るために大学が風速観測施設を設置する場合は,その大学は観測施設の設置について気象庁長官に届け出なければならない。

28 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は予報業務許可事業者に対する罰則について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「予報業務許可事業者が,予報業務のうち現象の予想を気象予報士以外の者に行わせたら罰則が適用される。

29 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は、気象庁が行う予報および警報に関して述べています。
⭕️❌で答えよう

気象庁は,気象,地象(地震にあっては,地震動に限る),津波,高潮及び波浪 についての航空機及び船舶の利用に適合する予報及び警報をすることができる。」

30 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は予報業務許可事業者に対する罰則について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「予報業務許可事業者が,気象庁長官の認可を受けずに予報業務の範囲を変更して業務を行ったら罰則が適用される。

31 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

現象の予想の方法及び適中率は、予報業務の許可を受けるために気象庁⻑官に提出する予報業務許可申請書もしくは それに添付する書類に記載が必要である。

32 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

収集しようとする予報資料の内容及びその収集方法は、予報業務の許可を受けるために気象庁⻑官に提出する予報業務許可申請書もしくは それに添付する書類に記載が必要である。

33 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は、気象予報士に関して述べています。
⭕️❌で答えよう

予報業務の許可を受けた事業者の下で予報業務に従事しようとする気象予報士は, その旨を予め気象庁⻑官に届け出なければならない。」

34 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象の予報業務の許可を受けた者は,気象庁発表の予報を気象予報士の確認を経ずにそのまま利用者に提供することはできない。

35 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象の予報業務の許可を受けた者は,気象庁の警報事項を利用者に伝達した者の氏名(ただし,当該許可を受けた予報業務 の目的及び範囲に係るものに限る)の記録をしなければならない。

36 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象予報士の氏名及び生年月日は、予報業務の許可を受けるために気象庁⻑官に提出する予報業務許可申請書もしくは それに添付する書類に記載が必要である。

37 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は、気象庁が行う予報および警報に関して述べています。
⭕️❌で答えよう

 気象庁は,気象,津波,高潮及び洪水についての水防活動の利用に適合する予報 及び警報をしなければならない。」

38 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象業務法に定められた警報や特別警報について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

特別警報の基準を定めようとするときは,気象庁は,あらかじめ関係都道府県知事の意見を聴かなければならない。

39 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象の予報業務の許可を受けた者は,予報事項に係る現象の予想を行った気象予報士の氏名の記録をしなければならない。

40 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

現象の24時間先から1週間先までの予報作業を毎日4時間にわたり行うとして予報業務の許可を受けた者は、事業所ごとに3人以上の気象予報士を配置しなければならない。

41 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は、予報業務の許可について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務に用いる現象の予想の方法の変更を行うときは,あらかじめ気象庁⻑官の認可を受けなければならない。

42 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象業務法における気象予報士について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けた事業者は,配置した気象予報士の登録証を事業所に掲示しておかなければならない。

43 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は予報業務許可事業者に対する罰則について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「予報業務許可事業者が,当該予報業務の目的及び範囲に係る気象庁の警報事項を予報業務の利用者に伝達することを怠ったら罰則が適用される。

44 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象観測の法規について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「鉄道事業者が列車の安全な運行に利用するために降水量の観測施設を設置する場合は,国土交通省令で定める技術上の基準に従って観測を行わなければならない。

45 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象の予報業務の許可を受けた者は予報業務を行った場合,予報事項の内容及び発表時刻を記録しなければならない。

46 / 48

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象の予報業務の許可を受けた者は, 記録を3年間保存しなければならない。

47 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象業務法における気象予報士について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けた事業者の発表した天気予報について解説を行う者は,気象予報士の資格を有していなくてもよい。

48 / 48

Category: 気象業務・法規

次の文章は気象業務法に定められた警報や特別警報について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

警報とは,重大な災害が起こるおそれのある旨を警告して行う予報をいう。

Your score is

The average score is 53%

0%

今後も問題数を増やしていく予定です。お楽しみに!

▶︎ミニテスト集に戻る

▶︎ミニテスト集「気象業務法・法規」に戻る