大気の鉛直構造ミニテスト

対流圏から熱圏までの鉛直構造に関する知識は基本中の基本。

気温の変化や紫外線との関係も必須です。

あなたの知識の確認のため、ぜひミニテストを活用してください!

大気の鉛直構造01

対流圏から熱圏までの構造と気温などについてのミニテスト

1 / 5

Category: 大気の鉛直構造

次の文は大気の構造について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

対流圏界面の高さは,平均的には低緯度より高緯度のほうが高い。

2 / 5

Category: 大気の鉛直構造

次の文は大気の構造について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

成層圏界面付近で気温が極大になるのは,主にオゾンが太陽からの紫外線を吸収 して大気を加熱するからである。

3 / 5

Category: 大気の鉛直構造

次の文章は標準的な大気における気層の特性について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「熱圏では、大気が波長の短い紫外線などを吸収して、高度が高いほど気温も高い。

4 / 5

Category: 大気の鉛直構造

次の文は大気の構造について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「水蒸気を除いた乾燥空気における窒素,酸素,アルゴンの存在比は,地上から高 度約 80 km の中間圏界面付近までほぼ一定である。」

5 / 5

Category: 大気の鉛直構造

次の文は大気の構造について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「対流圏の温度減率は,平均的には約9.8°C/kmである。

Your score is

The average score is 90%

0%

▶︎ミニテスト集に戻る