ミニテスト~気象業務法・法規~no.5

気象業務の許可を受ける者・許可を受けた者に関する問題です。

気象業務法・法規:no.5

予報業務の許可に関するミニテスト

1 / 5

Category: 気象業務・法規

【気象予報士の人数】

予報業務の許可を受けた者は,予想を行う時間が 21 時間のとき,何名以上を配置しなければならないか。当てはまるものを選びましょう。

2 / 5

Category: 気象業務・法規

【気象予報士の人数】

予報業務の許可を受けた者は,予想を行う時間が 15 時間 のときには 何名以上の気象予報士を配置しなければならないか。当てはまるものを選びましょう。

3 / 5

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けていた者がその名称を変更したときは,予報業務の目的および範囲に変更がなければ,名称の変更について気象庁⻑官に報告書を提出する必要はない。

4 / 5

Category: 気象業務・法規

次の文章は、予報業務の許可について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務に用いる現象の予想の方法の変更を行うときは,あらかじめ気象庁⻑官の認可を受けなければならない。

5 / 5

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の全部または一部を廃止したときは,廃止した日から30日以内に,気象庁⻑官に届け出なければならない。

Your score is

The average score is 83%

0%

▶︎ミニテスト集に戻る

▶︎ミニテスト集「気象業務法・法規」に戻る