ミニテスト~気象業務法・法規~no.2

気象業務の許可を受ける者・許可を受けた者に関する問題です。

気象業務法・法規:no.2

予報業務の許可に関するミニテスト

1 / 5

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務許可事業者は、予報業務のうち現象の予想を行う事業所ごとに、国土交通省令で定められた人数以上の専任の気象予報士をおかなければならない。ただし予報業務を的確に遂行する上で支障がないと気象庁長官が認める場合は、この限りではない。

2 / 5

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

予報業務の許可を受けた事業所において現象の予想に携わる気象予報士は、気象庁長官から発行された気象予報士登録通知書を事業所に掲示しておかなければならない。

3 / 5

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

複数の気象予報士の配置が規定されている事業所において規定数の気象予報士から1名が欠員となった場合には、1ヶ月以内であればその欠員が補充されるまでの間、残った気象予報士により予報業務を継続することができる。

4 / 5

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

現象の24時間先から1週間先までの予報作業を毎日4時間にわたり行うとして予報業務の許可を受けた者は、事業所ごとに3人以上の気象予報士を配置しなければならない。

5 / 5

Category: 気象業務・法規

予報業務の許可に関する文章です。
⭕️ ❌ で答えよう!

気象の予報業務の許可を受けた者は予報業務を行った場合,予報事項の内容及び発表時刻を記録しなければならない。

Your score is

The average score is 84%

0%

▶︎ミニテスト集に戻る

▶︎ミニテスト集「気象業務法・法規」に戻る