大気の運動ミニテスト

気圧傾度に地衡風、温度風に収束・発散!

気象予報士の基礎知識として欠かせない超基本の科目「大気の運動」についてのミニテストです。

ちゃんと理解できてるか、スキマ時間に確認しとく?

大気の運動01

基本的な空気の動きについてのミニテスト

1 / 19

Category: 大気の運動

風の弱い晴れた日の平坦な陸上で見られる大気境界層(接地境界層と対流混合層)の一般的な特徴について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!

「接地逆転層は昼過ぎに現れ、日の入りの頃、厚さが最大となる。」

2 / 19

Category: 大気の運動

次の文章は、北半球の地衡風について述べています。
( )に当てはまるものを選ぼう!

「水平気圧傾度と 空気の密度がそれぞれ北緯 30°と北緯 45°の地点で等しいとき,地衡風の風速は, 北緯 30°の地点の方が北緯 45°の地点よりも( )。」

3 / 19

Category: 大気の運動

中高緯度偏西風帯のジェット気流が大きく南北に蛇行・分流し、その状態が概ね一週間以上の長い期間にわたって続くときに見られるブロッキング高気圧について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!

「ブロッキング高気圧は東西方向に数100km〜1000km程度の広がりを持つ停滞性の現象である。」

4 / 19

Category: 大気の運動

次の文は一般風の弱い晴れた日中における,平坦で地表面状態が一様な陸上の大気境界層の 一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「接地境界層を除く大気境界層内では,大気が上下によく混合されているので,風速は鉛直方向にほぼ一様になる。

5 / 19

Category: 大気の運動

次の文は一般風の弱い晴れた日中における,平坦で地表面状態が一様な陸上の大気境界層の 一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

「水蒸気は地表面から大気に供給されるので,相対湿度は接地境界層の上端から大 気境界層の上端まで高度とともに次第に減少する。 

6 / 19

Category: 大気の運動

次の文は一般風の弱い晴れた日中における,平坦で地表面状態が一様な陸上の大気境界層の 一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

接地境界層内では,温位が高度とともに減少する絶対不安定な状態が持続するこ とがある。

7 / 19

Category: 大気の運動

北半球中緯度の自由大気中における低気圧周辺の傾度風と地衡風について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!
ただし、コリオリパラメーターと空気密度は低気圧周辺で一定とする。

「等圧線が等間隔で低気圧の中心の周りを同心円状に囲んでいる場合を考える。この 低気圧周辺のある地点における傾度風の風速は、 低気圧の中心から離れるにしたがって小さくなる。」

8 / 19

Category: 大気の運動

次の文章は、北半球の地衡風について述べています。
( )に当てはまるものを選ぼう!

「ある地点で西から東に向かって地衡風が吹いているとき、その地点で、等圧線の走向は( )である。

9 / 19

Category: 大気の運動

風の弱い晴れた日の平坦な陸上で見られる大気境界層(接地境界層と対流混合層)の一般的な特徴について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!

「正午頃の接地境界層では風速は高度とともに増加しているが、対流混合層ではほぼ一様である。」

10 / 19

Category: 大気の運動

中高緯度偏西風帯のジェット気流が大きく南北に蛇行・分流し、その状態が概ね一週間以上の長い期間にわたって続くときに見られるブロッキング高気圧について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!

「地形の影響により南半球よりも北半球の方がブロッキング高気圧が発生しやすい。」

11 / 19

Category: 大気の運動

中高緯度偏西風帯のジェット気流が大きく南北に蛇行・分流し、その状態が概ね一週間以上の長い期間にわたって続くときに見られるブロッキング高気圧について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!

「ブロッキング高気圧が発生するときは、低緯度側に切離低気圧を伴うことがある。」

12 / 19

Category: 大気の運動

北半球中緯度の自由大気中における低気圧周辺の傾度風と地衡風について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!
ただし、コリオリパラメーターと空気密度は低気圧周辺で一定とする。

「等圧線が等間隔で低気圧の中心の周りを同心円状に囲んでいる場合を考える。
この低気圧周辺のある地点における傾度風の風速は、同じ地点における地衡風に比べて大きい。」

13 / 19

Category: 大気の運動

北半球中緯度の自由大気中における低気圧周辺の傾度風と地衡風について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!
ただし、コリオリパラメーターと空気密度は低気圧周辺で一定とする。

「等圧線が等間隔で低気圧の中心の周りを同心円状に囲んでいる場合を考える。
この低気圧周辺のある地点における傾度風の風向は、等圧線に沿った方である。」

14 / 19

Category: 大気の運動

風の弱い晴れた日の平坦な陸上で見られる大気境界層(接地境界層と対流混合層)の一般的な特徴について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!

「正午頃の対流混合層では、水蒸気の混合比及び相対湿度は、高度によらずほぼ一様である。」

15 / 19

Category: 大気の運動

中高緯度偏西風帯のジェット気流が大きく南北に蛇行・分流し、その状態が概ね一週間以上の長い期間にわたって続くときに見られるブロッキング高気圧について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!

「ブロッキング高気圧が発生すると、周辺を含めて同じような気圧配置が長期間続き、長雨や高温などの異常天候が起こりやすい。」

16 / 19

Category: 大気の運動

風の弱い晴れた日の平坦な陸上で見られる大気境界層(接地境界層と対流混合層)の一般的な特徴について述べた次の文の正誤を⭕️❌で答えよう!

「正午頃の接地境界層では、気温は乾燥断熱減率で高度とともに低下している。」

17 / 19

Category: 大気の運動

次の文章は、北半球の地衡風について述べています。
( )に当てはまるものを選ぼう!

「ある地点で西から東に向かって地衡風が吹いているとき,その地点で,等圧線の走向は東西方向であり,コリオリ力は( )に向かって働く。」

18 / 19

Category: 大気の運動

次の文は大気の法則や関係式の組み合わせについて述べています。
当てはまるものを選ぼう

温度風の関係は,地衡風平衡と何の式を組み合わせることにより導くことができる?

19 / 19

Category: 大気の運動

次の文は一般風の弱い晴れた日中における,平坦で地表面状態が一様な陸上の大気境界層の 一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

大気境界層内の気温は日の出から午後にかけて上昇するが,大気境界層の上端の 高度は,この間ほとんど変化しない。

Your score is

The average score is 76%

0%

▶︎ミニテスト集に戻る