ランダム出題!学科•専門ミニテスト~高みを目指せ~

このミニテストは、気象予報士試験 学科試験・専門知識の問題がランダム&エンドレスに出題され続けます。
(大きなこと言いましたが、まだ33問しかありません。)

やめたいところでストップできるので、安心して自分の限界に(?)挑んでください!

学科・専門ランダムテスト

学科・専門の過去問からの
ミニテストを
ランダムに出題します。

1 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、梅雨期の気象について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

梅雨前線を維持している水蒸気輸送には、太平洋高気圧の縁に沿う南よりの気流とチベット高原の南縁を通る西寄りの気流が密接に関連している。」

 

2 / 33

Category: 数値予報

次の文章は気象庁の数値予報モデルについて述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「局地モデルは非静力学モデルであり、メソモデルに比べ格子間隔が小さいため、水平スケールが数kmの個々の積乱雲の予測が可能であり、集中豪雨などの局地的な激しい現象を主な予測対象としている。」

3 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、北半球の偏西風帯におけるジェット気流の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「温帯低気圧の発生、発達に伴って亜熱帯ジェット気流の北側に出現する寒帯前線ジェット気流では、亜熱帯ジェット気流と比べて風速が極大となる高度が低い。」

4 / 33

Category: 観測の成果の利用

次の文章は気象庁が行っている地上気象観測における降水の観測や雨量計について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「『降水量』とはある時間内に地表の水平面に降った雨・雪などの量であり、降水が地中にしみ込んだり他の場所に流れ去ったりせずに地表面上を覆ったとしたときの水の深さ(雪などの固形降水の場合は融かして水にしたときの深さ)で表す。」

5 / 33

Category: 短時間予報・短期予報・中期予報

次の文章は、気象庁が発表している雷ナウキャストについて述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「雷の激しさや雷の可能性は活動度1〜4の4つの階級で表される。活動度2〜4は、既に積乱雲が発生しており、いつ落雷があってもおかしくない状況を表す。

 

6 / 33

Category: 観測の成果の利用

次の文章は、霧について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「『上昇霧(滑昇霧)』は、湿った気塊が斜面を上昇する時、断熱膨張による冷却で気塊が冷え、水蒸気が過飽和の状態になることによって発生する。」

7 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、台風の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「台風は、温度傾度に伴う有効位置エネルギーが、運動エネルギーに変換されることを主な要因として発生・発達する。

 

8 / 33

Category: 観測の成果の利用

次の文章は気象庁が行っている地上気象観測における降水の観測や雨量計について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「雪などの固形降水が積もって地面を覆っている状態を「積雪」といい、稀に夏季にひょうが積もって「積雪」となることがある。」

9 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、北半球の偏西風帯におけるジェット気流の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

ジェット気流の風速が下流の方ほど強くなっている領域では、ジェット気流は等圧面上で等高度線を高度の高い側から低い側に横切ることが多く、弱くなっている領域では逆の向きに横切ることが多い。

10 / 33

Category: 数値予報

次の文章は、気象庁が作成している数値予報モデルのプロダクト(ここではガイダンスに加工される前の格子点値をさす)の利用にあたって、留意すべき事項について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「出力される 格子点値は、格子点に対応する地点の値をピンポイントで表しているのではなく、その格子点付近の空間の代表的な値を表している。」

11 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、梅雨期の気象について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

一般的に、西日本以西の梅雨前線では、東日本以東の梅雨前線に比べて下層での南北方向の温度傾度が大きいため、降水量が多い傾向がある。」

 

12 / 33

Category: 予想の精度の評価

次の文章は数値予報の誤差について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「数値予報モデルの変更によって予測の平均誤差(ME)がゼロに近づいた場合、二乗平均平方根誤差(RMSE)も必ず減少する。」

13 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、台風の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「台風の通過に伴う海面水温の変化は、台風がゆっくり移動して強い風が長時間吹く時ほど、海面下の冷たい海水が湧昇したり、海水をかき混ぜる効果が大きいため、海面水温の低下が大きくなる。

 

14 / 33

Category: 数値予報

次の文章は気象庁の数値予報モデルについて述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「メソモデルは非静力学モデルであるが、用いられている格子間隔では、個々の積雲の振る舞いを十分表現することができないため、積雲対流パラメタリゼーションを用いている。」

15 / 33

Category: 数値予報

次の文章は、気象庁が作成している数値予報モデルのプロダクト(ここではガイダンスに加工される前の格子点値をさす)の利用にあたって、留意すべき事項について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「出力される地上における気温や風などの物理量は、実際の地形ではなく、モデル地形に対して算出される。」

16 / 33

Category: 数値予報

次の文章は数値予報の誤差について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「数値予報モデルの初期値として利用される解析値の精度は、モデルの格子点の位置によらず、空間的に一様であると見なしてよい。」

17 / 33

Category: 観測の成果の利用

次の文章は気象庁が行っている地上気象観測における降水の観測や雨量計について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「雨量計に隣接して建物や高い樹木などがあるような環境では、雨滴や切片の捕捉率が下がるなどして、観測精度が低下する。」

18 / 33

Category: 観測の成果の利用

次の文章は、霧について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「『移流霧』は、別の場所で発生した霧が風によって移動してきたものをいう。」

19 / 33

Category: 観測の成果の利用

次の文章は、霧について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

地上気象観測の大気現象の分類では、ごく小さな水滴が大気中に浮遊し、そのため水平視程が1km未満になっている現象を「霧」と言う。」

20 / 33

Category: 短時間予報・短期予報・中期予報

次の文章は、気象庁が発表している雷ナウキャストについて述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「雷ナウキャストは雷監視システムで雷の発生が確認されたときに発表され、雷の発生状況の解析と1時間先までの推移を予報する。

 

21 / 33

Category: 観測の成果の利用

次の文章は気象庁が行っている地上気象観測における降水の観測や雨量計について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「アメダスでは雨水が転倒マスに一定量(0.5mm相当)入ると転倒する構造の雨量計を用いて転倒した回数から雨量を観測している。」

22 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、梅雨期の気象について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

梅雨気にオホーツク海付近に形成され、「やませ」をもたらすオホーツク海高気圧は、中心付近の寒気層が下層から上層にまで達している。」

 

23 / 33

Category: 気象災害

次の文章は、河川を指定した洪水予報(指定河川洪水予報)について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「指定河川洪水予報行っている河川は、気象庁が発表する洪水警報、注意報の対象に含まれている。

 

24 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、梅雨期の気象について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

梅雨前線上には、数百km程度の水平間隔で形成される低気圧が見られるが、この低気圧は上層ほど強い低気圧循環を持ち、しばしば激しい雷雨を引き起こす。」

 

25 / 33

Category: 短時間予報・短期予報・中期予報

次の文章は、気象庁が発表している雷ナウキャストについて述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「雷雲の移動予測のほか、盛衰傾向は統計的手法によりある程度予測しているが、予測時刻の途中で新たに発生する雷雲は予測できない。

 

26 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、台風の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「台風の風を傾度風で近似する場合、緯度と気圧傾度力が同じならば、台風中心からの距離が近い方が強い風が吹くことになる。

 

27 / 33

Category: 数値予報

次の文章は数値予報の誤差について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「数値予報モデルの予測の誤差は、一般に予測時間が長くなるにつれ増大する。この予測誤差の成長の程度は、同じモデルであれば気象場によらず常に同程度となる。」

28 / 33

Category: 観測の成果の利用

次の文章は、霧について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「『放射霧』は主に陸上で風が弱い時、地表面の放射冷却によって地表面に接した気塊の気温が低くなり、水蒸気が過飽和の状態になることによって発生する。」

29 / 33

Category: 気象災害

次の文章は、河川を指定した洪水予報(指定河川洪水予報)について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「地震や大雨により、堤防等が被害を受けて機能が低下している場合は、指定河川洪水予報の発表基準を暫定的に引き下げて運用することがある。

 

30 / 33

Category: 数値予報

次の文章は気象庁の数値予報モデルについて述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「メソモデルは全球モデルに比べ分解能が高いが、大気境界層中の様々な渦の振る舞いを充分表現することができないため、大気境界層過程のパラメタリゼーションを用いている。」

31 / 33

Category: 気象災害

次の文章は、河川を指定した洪水予報(指定河川洪水予報)について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「指定河川洪水予報を行っている河川は、国土交通大臣が管理する河川であり、洪水によって国民経済上重大な損害が生ずるおそれのある河川が対象となっている。

 

32 / 33

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、台風の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

台風の中心付近は、ほぼ海面から対流圏界面までの周囲の大気より気温が高い。

 

33 / 33

Category: 数値予報

次の文章は、気象庁が作成している数値予報モデルのプロダクト(ここではガイダンスに加工される前の格子点値をさす)の利用にあたって、留意すべき事項について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「出力される降水量は、予想対象時刻における降水強度を表している。」

Your score is

0%