気象の予想の応用ミニテスト

天気予報でもよく耳にする代表的なパターンの天気図解釈や知識をはじめ、長期予報の平均天気図など、あなたの幅広い知識が試されます!

では早速やってみよう〜(≧∇≦)੭ꠥ⁾⁾

気象の予想の応用

気象の予想の応用についてのミニテスト

1 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、梅雨期の気象について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

梅雨前線上には、数百km程度の水平間隔で形成される低気圧が見られるが、この低気圧は上層ほど強い低気圧循環を持ち、しばしば激しい雷雨を引き起こす。」

 

2 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、台風の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

台風の中心付近は、ほぼ海面から対流圏界面までの周囲の大気より気温が高い。

 

3 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、北半球の偏西風帯におけるジェット気流の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

ジェット気流の風速が下流の方ほど強くなっている領域では、ジェット気流は等圧面上で等高度線を高度の高い側から低い側に横切ることが多く、弱くなっている領域では逆の向きに横切ることが多い。

4 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、台風の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「台風の風を傾度風で近似する場合、緯度と気圧傾度力が同じならば、台風中心からの距離が近い方が強い風が吹くことになる。

 

5 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、台風の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「台風は、温度傾度に伴う有効位置エネルギーが、運動エネルギーに変換されることを主な要因として発生・発達する。

 

6 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、梅雨期の気象について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

梅雨前線を維持している水蒸気輸送には、太平洋高気圧の縁に沿う南よりの気流とチベット高原の南縁を通る西寄りの気流が密接に関連している。」

 

7 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、梅雨期の気象について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

一般的に、西日本以西の梅雨前線では、東日本以東の梅雨前線に比べて下層での南北方向の温度傾度が大きいため、降水量が多い傾向がある。」

 

8 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、台風の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「台風の通過に伴う海面水温の変化は、台風がゆっくり移動して強い風が長時間吹く時ほど、海面下の冷たい海水が湧昇したり、海水をかき混ぜる効果が大きいため、海面水温の低下が大きくなる。

 

9 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、北半球の偏西風帯におけるジェット気流の一般的な特徴について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

「温帯低気圧の発生、発達に伴って亜熱帯ジェット気流の北側に出現する寒帯前線ジェット気流では、亜熱帯ジェット気流と比べて風速が極大となる高度が低い。」

10 / 10

Category: 気象の予想の応用

次の文章は、梅雨期の気象について述べています。
⭕️ ❌ で答えよう!

 

梅雨気にオホーツク海付近に形成され、「やませ」をもたらすオホーツク海高気圧は、中心付近の寒気層が下層から上層にまで達している。」

 

Your score is

The average score is 81%

0%

▶︎ミニテスト集に戻る