風の雑学まとめ!

風の雑学まとめ

ここでわかること

  • 超基本となる「なぜ風は吹くのか?」
  • 風が強い日に、どんなことが起きているのか
  • 風速5mの風って実は強い風
  • 80m/秒までの風の強さ
  • 実は風の仲間「スコール」について

風について
広い範囲で
まとめてます!
むすめ
むすめ

今日は台風が来てないのに、すごく風が強いよ?

なんで?

はれの
はれの

風は空気の偏りを解消するものだから、台風が来なくても強く吹いたりするんだよ。

生まれてからずっと、当たり前のように風をあびている私たちですが・・・

案外「なぜ風が吹くのか」や、「風が強くなる理由」はスラスラ答えられないものですよね。

ここでは気象予報士・はれのが、風についての雑学をギュッとまとめてお伝えします!

【超基礎】風が吹くしくみ

風は空気の流れのこと。

でも空気って目に見えないから・・・

はれの
はれの

そもそもなぜ空気が流れるのかがわかりづらいと思います!

そんな時は、空気を水だと思って想像してみるとわかりやすいですよ(о´∀`о)

例えば、水槽を中央で仕切って、片方の水を多く・もう片方の水を少なく入れます。

次に、「仕切り」をパッと外すと・・・

水は多い方から少ない方へ流れますよね!

水が多い方から少ない方へ流れる理由は、「偏ってるのが嫌だから」。

はれの
はれの

濃度の違う色水で想像すると、もっと空気に近いイメージですね。

色水は濃い方から、薄い方へ流れるはずです。

こんな風に・・・

水も空気も、偏ってるのが嫌いです。

でも何かのはずみ(?)で偏りができちゃって、仕方なく偏りをなくそうと動きます。

はれの
はれの

「風のしくみ」の超基本的な考え方は、これでOK。

他には、「地球の重力によって起きる風」もあります。

地球上では重力によって、重いものは下に、軽いものは上に〜という流れがあります。

だから

  • 重い空気(冷たい空気)は下向きの風になる
  • 軽い空気(暖かい空気)は↑向きの風になる

気温でも風は生まれちゃうんです!

「風が吹くしくみ」については、こちらのページでもっと詳しくπ伝えしています( •̀ .̫ •́ )✧

【超基礎】風が吹くしくみ~わかりやすいイメージ図で簡単解説!

スポンサーリンク

今日風が強い理由ってどうやったらわかるん? 

台風が来てるわけでもないのに、

むすめ
むすめ

今日は台風が来てるわけじゃないのに、風が強くて洗濯物飛んでいったよ。

なんで?

はれの
はれの

え?!洗濯物!´д` ;

風は「狭い範囲で気圧の差が大きい時」に強くなるよ。

むすめ
むすめ

・・・なにそれ?

空気は「偏ってるのが嫌だから」、気圧の高い方から低い方へ流れて風をつくります。

この時、気圧が高いところから低いところまでの変化が急だと、風も強くなるのです。

自転車で坂道を下るのを想像してください。

なだらかな坂道がだと、自転車はゆっくり動きますが、急な坂の場合は超スピードになりますよね。

なだらかな坂
急な坂

気圧にも急激な坂(差)ができると、風も強くなるのです。

風が強い日何が起きているのか、続きはこちら!

【今日風が強い理由】狭い範囲で気圧の差が大きいって意味わからん?!

スポンサーリンク

風速5mは風強いの?弱いの?

むすめ
むすめ

風速5メートルって、数字だけみると風弱そう〜

はれの
はれの

風速5メートルって、軽いものは動いちゃう風だよ〜

そうなんです。

風速5メートルってピクニックでお弁当広げるにも、BBQするにも、紙皿だと飛ばされます。

洗濯物は吹っ飛ばされたりしませんが、一つ一つピンチで固定する方がいいです。

その他スポーツへの影響など、詳細はこちらのページでご覧ください(о´∀`о)

風速5mは釣りやキャンプは要注意?!気をつけることと対策

スポンサーリンク

【風速〇mの目安】時速や危険な数値を感覚でわかるように解説!

むすめ
むすめ

風速って数字で言われてもわかんない。

はれの
はれの

じゃあ「風速〇メートルってどんな体感なのか」をまとめたから見て!

風速
傘をさせない10m/s
外を歩けない20m/s
車を運転できない20m/s
登山できない15m/s
家にいても危険45m/s

家にいても危険とか、どうすりゃ良いの?!

家にいても危ない風ってどんな風ー?!

はい。解説動画も詳しい説明もこちらで見れます!

【風速〇mの目安】時速や危険な数値を感覚でわかるように解説!

スポンサーリンク

【スコールとはどんな天気?】雨ではなく風のことだった?!

むすめ
むすめ

お兄ちゃんが「シンガポールではスコールが降る」って言ってたよ。

スコールって何?

はれの
はれの

一般的に、「熱帯や亜熱帯で降る急な雨」のことを「スコール」って言ったりするね。

でも本来の「スコール」って、風のことなんだよ。

「スコール」って日本人には「急な雨」の印象が強いですが、元々の北欧の方の言葉で、「雨や雷を伴うこともある、急激に強くなる強風」のことなんです。

イメージとしては

  • 急な天候の変化
  • 急な悪天候

ということですね。

積乱雲が急成長して、突風が吹き、なんなら激しい雨が降り雷も…という天気を指す言葉で・・・

はれの
はれの

元々は熱帯・亜熱帯の現地語ではないようです。

ともかく言葉での解説を読んでもイメージし辛いものです。

続きはこちらの記事で動画を使って詳しくお伝えします!

【スコールとはどんな天気?】雨ではなく風のことだった?!
はれの
はれの

今後も風についての雑学をまとめたら、ここに追記していきますね〜

雷についての雑学もまとめたよ!

雷の雑学まとめ