竜巻ってそもそも何?映画みたいな竜巻って実在する?

竜巻って渦があって、風が強くて〜ということはわかってても

そもそも何なのでしょうか?

映画みたいな竜巻が実在するのかどうかも、気になりますよね。

娘ちゃん
娘ちゃん

竜巻って見たことないし、そもそも何なの?

「イントゥザストーム」って映画見たんだけど、あんな竜巻、映画の中だけ?

はれの
はれの

じゃあ

  • 竜巻の正体
  • 竜巻が生まれる条件

から「映画みたいな竜巻って本当にあるのか」も話すね。

この記事でわかること
  • 竜巻ってそもそも何なのか
    (映画みたいな竜巻ってあり得るのか)
  • 竜巻の生まれる条件
  • 日本で竜巻の多い場所
  • 最強の竜巻(動画)
  • 天気予報で竜巻注意報が出た時、何に注意すれば良いのか

まさに竜が天に登っていくような竜巻。

ネーミングにも感動しつつ、ここで竜巻博士になってください〜

【竜巻の正体】そもそも何?

竜巻とは・・・

大きな積乱雲(スーパーセル)の下に生まれる
強い渦

強い渦って言われてもね・・・

竜巻って写真を見ると、雲が降りてきてるように見えるよ。

上から下に空気が流れてるの???

いいえ・・・

竜巻は下から上へ向かう
強い上昇気流でできています。

でも写真の竜巻は、雲みたいな色だよ?

竜巻の中心付近は寒いので
雲と同じ水の粒があります。

だから雲と同じ色に見えるんです。

竜巻は高気圧と低気圧のどっちの時にできるの?

竜巻は大きな積乱雲から生まれるので…

低気圧の時にできます。

スポンサーリンク

どれくらいの幅があるの?

幅は、小さいものから大きなものまでありますが…

竜巻の幅は、数十メートル〜数キロメートル
(多くは数百メートルまで)

数キロメートルって、もう逃げれる気がしないですね。

竜巻の風速って、台風みたいに決まりはあるの?

「竜巻は風速何メートルから」という
規定はありません。

竜巻の風は、どれくらい速いの?

「風速が1秒で何メートルなら竜巻」というものではないんだけど…

台風みたいに、強さの階級ならあります。

その名も…

【藤田スケール】
世界で使われている竜巻の尺度

藤田スケールは、世界的にはEF〇で表してますが、日本ではJEF〇で表します。

  • アメリカ&世界では→EF〇(〇は0〜5までの数字)
    29m/s~90m/s以上
  • 日本では→JEF〇(〇は0〜5までの数字)
    25m/s~95m/s以上

※藤田スケールと風速の詳細な情報は、記事の最後に表にまとめておきます。

藤田スケールまとめはこちら→藤田スケール(表)

スポンサーリンク

竜巻ってどのくらいの時間続くの?

竜巻の発生から消滅までの時間は…

数分から数十分くらい

日本で発生する竜巻は、5分前後のようで、短時間すぎて観測も難しいのです。

竜巻の映画で、竜巻の風で人間が旗🚩みたいに
なってたよ。

あれって本当になるの?

竜巻が近づいた時、人間が旗みたいになるのか・・・

旗みたいになることもあるでしょう。

風の実験でおなじみの「流機エンジニアリング」さんが、80m/sの風実験動画をUPされていたのでご覧ください。

おふざけ感はあるものの、80m/sの風で大人の男性が吹っ飛ばされるのです。

もし藤田スケールEF5以上の竜巻に遭遇したら、映画のように人間も飛ばされますね。

まとめると

  • 竜巻は大きな積乱雲(スーパーセル)の下にできる渦
  • 雲が降りているように見えるけど、上昇気流
  • 低気圧の時にできる
  • 幅は数十メートル〜数百メートル(数キロメートル規模の竜巻もある)
  • 竜巻の尺度は【藤田スケール】
  • 竜巻の発生から消滅までの時間は「数分〜数十分」
  • 映画の竜巻は藤田スケールEF5以上であり得る。

EF5以上だと思われる竜巻の映画はAmazonプライムでも観れますよ。

created by Rinker
¥199 (2020/09/23 16:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

では次に、竜巻の生まれる条件についてお話しします!

スポンサーリンク

竜巻の発生条件

竜巻が生まれる条件は

  • 大気がものすごく不安定(大きな積乱雲ができる)
  • 積乱雲の中に反時計回り(北半球では)の渦ができる
  • とっても強い上昇気流がある

意外に思われるかもしれませんが
竜巻は土地が平らな平野部で発生するものではないんです。

日本では、よく海上で竜巻が観測されたりするし

アメリカの広ーい平野で竜巻被害を聞くものだから

「凸凹の多い地域では竜巻はできない」と思っている人も多い!

でも竜巻は、平らな場所に限らず、山での発生するのです。

じゃあ次は、日本で竜巻の多い場所ってどこ?
ってお話しです。

スポンサーリンク

日本で竜巻の多い都道府県ランキング

1991年から2017年の間で、竜巻の多かった場所を都道府県別に
1位から10位までのランキングを作りました。

都道府県竜巻発生数
1位北海道47
2位沖縄43
3位高知県34
4位宮崎県27
5位秋田県25
6位鹿児島県24
7位愛知県17
8位埼玉県
新潟県
16
9位千葉県15
10位三重県
和歌山県
14

北海道多いですが、広いですからね!

やっぱり、広さの割に発生数が一番多いのは、沖縄です。

今までで一番大きい(強い)竜巻って、どれくらい?

竜巻の風の強さは、直接観測できないんだけど・・・

出来るだけやってみます!

スポンサーリンク

観測史上最強EF5の竜巻

竜巻は直接風速を観測することはできないので、何が飛ばされたかなどの被害状況から風の強さを決めています。

ここ最近の風速が90m/s以上になったと認定されている竜巻は

2013年5月20日にアメリカのオクラホマ州ムーアで発生した「ムーア竜巻」です。

ムーア竜巻の動画がUPされていたのでご覧ください。

ムーア竜巻の通ったところにあった建物は全て破壊され

2つの小学校が完全に破壊されました
10トンのプロパンタンクが風に飛ばされ
オイルタンクが1マイル(約1.6km)飛ばされ・・・

風速90m/sを越す風が吹くと、全てのものは破壊されます。

他には…

2011年5月24日にミズーリ州ジョプリンで発生した竜巻

ジョプリンで発生した竜巻の一部始終、そして瓦礫となった街を撮影した動画がUPされているのでご覧ください。

この竜巻の最大風速は88メートルだったと言われています。

街の中心部を直撃し、一瞬でビルも家も瓦礫となってしまいました。

乗用車は空中に投げ出され、落下し

ガス管の破裂で火災が発生。

考えただけで寒気がします。

竜巻、怖いですね。

では天気予報で竜巻注意情報が出た時

私たちはどうすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

天気予報で竜巻注意情報が出た!何に注意すれば良い?

普段私たちが気にする天気予報って、雨や気温くらいですが
竜巻注意情報も出てるんです。

この竜巻注意情報が出た時に私たちが注意すべきことは

  • 空(黒っぽい雲が近づいてないか)
  • 気象庁の竜巻発生確度ナウキャスト(竜巻が起こる確率を見る)

竜巻は積乱雲の下にできるので、積乱雲が近くにあるかチェックします。

そして気象庁の竜巻発生確度ナウキャストで、竜巻ができる確率をチェック。(発生確度2で7%~14%の確率)

※竜巻注意報の注意点
  • 竜巻注意情報は、発表から1時間のみの注意情報
  • 竜巻だけではなく、ダウンバーストや突風にも注意した方が良い

竜巻の前触れ現象として

  • 風でゴミなどが巻きながら飛ばされている。
  • 土煙が上がっている。
  • ゴーッという音がする。(強い風の音)
  • 耳鳴りがする。(強い低気圧が近づいている)

などがあります。

もし竜巻(漏斗雲が見えたら、

  1. すぐに頑丈な建物の中に入り
  2. 窓は雨戸やシャッターを閉めて
  3. カーテンを閉め
  4. 1階または地下で
  5. 窓から遠い部屋、収納部屋で
  6. しゃがんで両腕で頭を守る。

覚えておいてください。

竜巻とは何なのかまとめ

竜巻とは

  • 竜巻は大きな積乱雲(スーパーセル)の下にできる渦
  • 雲が降りているように見えるけど、上昇気流
  • 低気圧の時にできる
  • 幅は数十メートル〜数百メートル(数キロメートル規模の竜巻もある)
  • 竜巻の尺度は【藤田スケール】
  • 竜巻の発生から消滅までの時間は「数分〜数十分」
  • 映画の竜巻は藤田スケールEF5以上であり得る。

平地じゃなくて、山でも発生します。

日本で竜巻の発生数が一番多いのは北海道だけど

エリアの広さを考えると、沖縄が一番多い。

竜巻注意情報が発表されたら、1時間は

  • 気象庁の竜巻発生確度ナウキャスト

をチェック

気象の豆知識は防災に役立ちます。

いざという時のために、覚えておいてください。

スポンサーリンク

【おまけ】藤田スケール

世界のミスター・トルネード藤田哲也博士の考えた「竜巻のスケール」の改良版でし。↓

アメリカ基準
EFの風速
日本基準
JEFの風速
EF0(JEF0)29~37m/s25~38m/s
EF1(JEF1)38~49m/s39~52m/s
EF2(JEF2)50~61m/s53~66m/s
EF3(JEF3)75~89m/s81~94m/s
EF4(JEF4)75~89m/s81~94m/s
EF5(JEF5)90m/s~95m/s~

↑目次に戻る