風速5mは釣りやキャンプは要注意?!気をつけることと対策

風速5m/sって、田んぼの稲がサワサワ揺れる風で、季節によっては気持ちいいですが

屋外でやりたいことによっては、色々支障が出てくるように思います。

そこで今回は、風速5m/sでの

  • 釣り
  • BBQ
  • キャンプ
  • ゴルフ
  • スポーツ
  • 洗濯物干し
  • ドローン

について、大丈夫なのか、注意した方が良いのか?などをまとめました!

風速5mでの釣りはおすすめしない!

風速5m/sでの釣りは、できないことはないです。

あまりおすすめはしないですが、次のような場合だと、大丈夫なことが多いです。

  • 防波堤などの、足場の安定した場所での釣り
  • 湖などの釣り
  • 重めのルアーでの釣り

地形にもよりますが、岩場での釣りは足元が悪いので、特に気をつけてください!

アウトドア&フィッシング ナチュラム

風速5mでのBBQはおすすめはしないけど大丈夫なはず

風速5m/sでのBBQは、できますよ。

できるけどるけど、紙皿や紙コップは風で飛ばされる可能性大なので

  • 風対策として、紙よりプラスチックやステンレス製などの重めのカップ・お皿を使う。
  • 食材は風でゴミが入らないように、蓋つきの容器を使う

などの用意をしておくのがおすすめ。

もし事前に風速5m/sくらいだってわかってなくても、いつものBBQ用品を風対策を考えて購入しておくといいですね。(^^)

風速5mでのキャンプはおすすめしないけど大丈夫

風速5m/sでのキャンプ、できます。

テントを張る時に、多少バサバサ〜って煽られることがあるかもしれませんが、風速5m/s以内なら大丈夫です。

でも広ーいキャンプ場や、天気の変わりやすい山などでキャンプする場合は、注意が必要です。

平均風速が5m/sでも、瞬間風速が強いと、ペグの打ち込みが甘かったら
テントが飛ばされることもあります。

突風が吹くような天気かどうか、天気予報でチェックしてくださいね。

私が三重県のキャンプ場で、経験したことですが

急にサワサワ風が吹き始めたので気象庁のレーダーをチェックすると、巨大な雷雲が北東から移動してきたのです。

雨もよく降りましたが、命の危険を感じるような雷の多さと近さで、テントで寝るのは諦めました。(車の中で寝ました。)

最初は気持ちの良い風でも、私の経験したように雷雲の前触れの風だった場合、キャンプは危険です。

急に風が吹き始めた時、遠くでも大きな雲が見えた時など、雷雲が発生していないかチェックした方がいいです。

雷雲のチェックは、気象庁のレーダー・ナウキャストでできます。

↓↓↓↓↓

気象庁レーダー・ナウキャスト

レーダー・ナウキャストはゲリラ豪雨にも、普段の生活にも使える便利なものです。

ぜひ活用してください!

アウトドア&フィッシング ナチュラム

風速5mでのゴルフは大変だけど普通

風速5m/sでのゴルフは、風に影響されて大変だけど
よくあること。

ゴルフボールは小さいですが、風の影響は受けます。

どのくらい受けるかというと・・・

  • 横風の場合:約10ヤード風下に流される(約9メートル)
  • 追い風の場合:約10ヤード先に流される(約9メートル)
  • 向い風の場合:約15ヤード手前に流される(約13.7メートル)

↑おおよその目安です。

ゴルフは風の強さや向きも考えるものなので、上手な人は気象予報士以上に風と友達かもしれません!

カッコイイ〜(≧∇≦)

風速5mはスポーツに影響する!

風速5m/sの風は屋外でのスポーツにも影響します。

特に一部の陸上競技では、追い風の平均風速が2.0m/sを超えた場合、正式な記録として残してもらえません。

該当の競技はこれ↓

  • 短距離走(100mと200m)
  • ハードル(110m・100m)
  • 走り幅跳び
  • 三段跳び

追い風5m/sって、時速18km/時で押してもらえるようなものなので、100mの世界記録が出ちゃうんですね。

そういえば、桐生選手が日本人で初めて100mを9秒台(9.98秒)で走った時は、追い風1.8m/s。

記録も残って、適度に背中を押してくれる「良い風」でした!

その他、屋外で楽しむ球技も、軽い球ほど風の影響を受けます。

テニスもサーブのトスが風に流されて、失敗するかも。

でも、突風や雷雲さえなければ、十分楽しめると思います!

スポンサーリンク

風速5mでの洗濯物干しはしっかり固定して!

風速5m/sの中での洗濯物干しは、普通のハンガーだけではちょっと心配。

  • Tシャツなどのハンガーが風下側に寄ってしまったり
  • ピンチで止めていないタオルがタオルハンガーから落ちたり

吹っ飛ばされることはない風速ですが、「寄る」「落ちる」ことはあるものです。

「気持ちの良い風が吹いてるな〜」と思ったら

ハンガーが寄らないように、ハンガーどめのピンチや便利グッズを使うと良いですよ。

風速5mでドローンを飛ばすのは難しい!

もう見出しにも書いてますが風速5m/sの時は、ドローンを飛ばすのは難しいので
やめた方が良い。

とっても参考になる動画がありました。

風速5m/s前後で、ドローンの離着陸が難しくなっていることが解説されています。↓

ドローン初心者は、風速5m/s以下で飛ばしましょう!

アウトドア&フィッシング ナチュラム

風速5mの目安まとめ

風速5m/sの目安をまとめると

  • 釣りはできるけど、おすすめしない。
  • BBQはできるけど、風対策してね!
  • キャンプはできるけど、天候の変化に気をつけよう!
  • ゴルフは大変だけど頑張って!
  • スポーツは遊びなら問題ないけど、影響あるよ!
  • 洗濯物は、風対策してね!
  • ドローンはやめておこう!

アメダスで風速5m/sって珍しい数字じゃありません。

だから私たちがよく経験しているはずの風速なのですが、数字と体験が実感しないんですよね。

今度、風が強かったな〜と思った日は、気象庁のアメダスで過去の記録をチェックしてみてください。

気象庁のアメダスの記録がわかるページ

「今日は風が強いと思ったら、8m/sもあったのかー」など記憶に残ると思います!

風速5m以外にも、風速〇mって…体で感じるとどんな感じ?
何かをするときに危険な風速ってどれくらいなのか?
日本では発生してことないような
竜巻並みの風速80mの動画もご覧ください!
↓ ↓ ↓

【風速〇mの目安】時速や危険な数値を感覚でわかるように解説!

そもそも風が強く吹くのってどうして?等圧線の間が狭い時、空気はどうなってるの?という疑問をイメージ図でサクッと解決しちゃいます。

↓ ↓ ↓

【今日風が強い理由】狭い範囲で気圧の差が大きいって意味わからん?!