熱帯低気圧と温帯低気圧の違いをわかりやすく解説~構造と仕組み

熱帯低気圧と温帯低気圧、どちらも「低気圧」という名前がつき、雨が降ったり風が強くなったり…と、天気が悪くなりますよね。

この2つ、一体何がどう違うのか?

イメージ図を使って、文系さんにも超わかりやすく解説します!

低気圧のイメージをおさらい

※「低気圧がどんなものか、説明不要な方は読み飛ばしてください。
読み飛ばす方はこちら←click!

低気圧、中学校の理科で習いましたが
熱帯低気圧と温帯低気圧の違いをお話しするために、「低気圧のイメージ」をおさらいしておきます!

低気圧とは
  • 低気圧の目安はなく、周囲より気圧が低いってだけ。
  • 鳴門の渦の「気体バージョン」のイメージ。
  • 北半球の低気圧は、反時計回りに風が吹き込む。(南半球の低気圧は反対方向に回ります)。
  • 曇る・雨が降る・蒸し暑くなる・寒くなるなど一般的に不快な天気。

おさらいOKですか?
では行きますよー!

熱帯低気圧と温帯低気圧の違いを一言で言うと?

熱帯低気圧と温帯低気圧、どちらも中心気圧は周りの気圧より低く
北半球では反時計回りにぐるぐる回っていますが
その違いを一言で言うと・・・

直立と斜め立ち!

二言目も言って良いなら、「生まれたところも、ざっくり違う」んです・・・
単純に

  • 熱帯地方で生まれた→熱帯低気圧
  • 温帯地方で生まれた→温帯低気圧

でもあるんですが、やっぱりそのたち姿は

  • 直立
  • 斜め立ち

くらい違う!

では、「直立」と「斜め立ち」ってどういうことか、もっと詳しくお話ししますね!

熱帯低気圧と温帯低気圧の構造の違い

熱帯低気圧と温帯低気圧の構造は、「直立」と「斜め立ち」なので、上から見ても横から見ても違います!

「直立」とか「斜め立ち」って言っても、彼ら(?)はくるくる回っているものなので、言い方を変えると

熱帯低気圧と温帯低気圧の構造(回り方の違い)
  • 熱帯低気圧→直立→フィギュアのスピンっぽい回り方。
  • 温帯低気圧→斜め立ち→軸が斜めに傾いた3D陰陽マーク回り方。

※陰陽マークってコレです↓

ではもっと掘り下げてお話ししましょう!

熱帯低気圧の構造

熱帯低気圧の構造の特徴は、何と言っても

点対称!

そして

前線がない!

地上付近の天気図で見ても、5000mくらい上空の天気図で見ても
熱帯低気圧の中心の位置は、ほぼ同じ場所にあるんです。

さらに、熱帯低気圧は成長すると、中心(台風の目)に当たる部分の上には
暖かい空気が溜まるんです。

面白い構造ですね(^^)

温帯低気圧の構造

温帯低気圧の構造の特徴は、

生まれたばかりの頃、中心の軸が斜めに傾いて

そして

前線ができます!

温帯低気圧の軸は

最初の頃

→中心の軸は、上空に行くほど西に傾いている。

発達中

→軸は徐々に垂直に近く

発達後(発達しきった後)

→軸は垂直になる

↑上記の順番で温帯低気圧の軸は、成長過程で
「傾いている→直立する」と変わります。

そして並行して、おなじみの

  • 温暖前線
  • 寒冷前線

ができるのです。

では次に、熱帯低気圧と温帯低気圧の仕組みって、どう違うのか
エネルギー源や、発達の仕組みについてお話しします!

熱帯低気圧と温帯低気圧の仕組みの違い

熱帯低気圧と温帯低気圧は、低気圧の力となるエネルギー源や発達の仕組みが違います。

その仕組み

熱帯低気圧と温帯低気圧の仕組み
  • エネルギー源(ご飯)が違う。
  • 熱帯低気圧も温帯低気圧も、エネルギー(ご飯)がなくなったら寿命を迎える。
  • 温帯低気圧から熱帯低気圧になることはない(見たことがない)が、熱帯低気圧から温帯低気圧になることはある。

では、それぞれの仕組みをお話ししましょう。

熱帯低気圧の仕組み(エネルギー源)

熱帯低気圧のエネルギー源は、暖かい海水です。

暖かい海水から、水蒸気というご飯をもらい
水蒸気をモグモグ消化(雲に変える)すると、大きなエネルギーになるのです。

もう少し詳しく言うと・・・

雲は気体の水蒸気ではなく、液体の水でできています。
水蒸気が水になる時、水蒸気は熱(エネルギー)を手放します。
(この熱を潜熱と言います。)

この水からもらうエネルギーで、台風は嵐を連れてやってくるのです。

温帯低気圧の仕組み(エネルギー源)

温帯低気圧のエネルギー源は、冷たい空気と暖かい空気の温度差です。

冷たい空気と暖かい空気がかち合うと
暖かい空気が上に昇ろうとするし
冷たい空気は下に潜ろうとします。

この上に昇ろう・下に潜ろうとする力が、温帯低気圧のご飯(エネルギー)になります。
ご飯(エネルギー)を消化すると、風が強まります。

もう少し詳しくいうと・・・
(※高校で物理学を学んだ人向けかも)

暖かい空気は軽く、冷たい空気は重い。

軽い空気と、重い空気が隣り合わせでいる時の「位置エネルギー」より
軽い空気が上にあって、重い空気が下にある場合の「位置エネルギー」の方が小さいです。

温帯低気圧の場合、位置エネルギーの大きい状態から、小さい状態に変わるので

「大」ー「小」=「余ったエネルギー」

となります。

この「余ったエネルギー」が、温帯低気圧の「運動エネルギー」になり、風が強く吹くようになるのです。

違いをわかりやすくまとめると…

熱帯低気圧と温帯低気圧の違いについて、文章を読んでいるだけだとわかりにくいので表にまとめました。

熱帯低気圧温帯低気圧
構造点対称点対称ではない
回転軸ほぼ直立最初は傾いていて
徐々に直立する。
前線なしあり
エネルギー源温かい海水冷たい空気と暖かい空気
出身地熱帯(低緯度地域)温帯(中緯度地域)

2つの低気圧の大きな違いで面白いと思うのは、エネルギー源の違いです。

「温かい海水」をエネルギーとする熱帯低気圧は、陸に上陸すると弱っていくので、まるで魚類のようですね。

逆に温帯低気圧の名前は穏やかそうだけど、場所を選ばず発達できるわけですから、最強じゃないですか?!

ということは、熱帯低気圧と温帯低気圧、どちらが怖い???

熱帯低気圧の方が温帯低気圧より怖い?

熱帯低気圧は成長すると台風になって、毎年夏から秋にかけて、要注意な低気圧として注目されています。

一方、温帯低気圧は一年中、時に静かに、時に激しく雨を降らせる私たちにとっておなじみの低気圧です。

でもね。

時々、台風顔負けの猛烈な温帯低気圧も生まれるんです。

「爆弾低気圧」とか「猛烈な低気圧」などと呼ばれる低気圧のことなのですが
日本付近に発生した爆弾低気圧の記録は

中心気圧920hPa!
(2014年11月8日)

世界記録は、北極や南極に近い極地方で記録されていて、北極付近で

中心気圧 900hPa!
(1986年12月15日)

この低気圧で、イギリスの各地で洪水が起こるなど、大雨による被害が出たそうです。

中緯度にある日本だからかもしれませんが、台風や熱帯低気圧の方が怖いイメージありますよね。

でも「熱帯」・「温帯」などにこだわらず、「低気圧には注意すべき」って思っておきましょう。

さいごに

熱帯低気圧と温帯低気圧の違いについて、がっつりお話ししました。

エネルギー源が違ったり、構造が違ったりしますが
低気圧ってことは同じです。

それに
熱帯低気圧から温帯低気圧に変わるのこともあるので、昆虫の変態みたいですね。
(※温帯低気圧から熱帯低気圧に変わるのは、聞いたことがありません。^^;)

今後、もっとわかりやすくお伝えできる方法がわかれば、また追記します。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です