台風の東側で雨・風が強いのはなぜ?超文系の人にもわかりやすく解説

台風の東側で雨と風が強いのはなぜ?

台風は東側が危険!

実際に過去の台風でも、東側で強い風や雨による被害が出ました。

でも…台風ってなぜ西側より東側で、雨や風が強いの???

はれの
はれの

では気象予報士・晴野が、超文系の人にも感覚でわかるように解説します!

  • 台風の東側で風が強い理由
  • 台風の東側で雨が多い&強くなる理由
  • 世界中の熱帯低気圧も東側が危険なのか?

という疑問へ、イメージしやすいようにイラストで解説するので、理科が苦手だった人でも大丈夫!

今日からあなたも台風博士です!!!

台風の東側で風が強い理由

台風の東側で、西側より風が強くなる理由は台風の東側っていうより
「台風の進行方向の右側」で

「台風の進む速度」➕「台風の回転速度」

風が吹いているから!

高校の時に物理学を専攻していた理系くん・理系さん達なら

「ああ、あれね!」となるでしょうが

一般には、それほど認知されていない理論ですね。

よく例え話に出されるのがこれ↓

【例1】「時速○kmで走行中の車(電車)から、進行方向に時速○kmの速度でボールを投げたら、ボールはどうなる?」
(答え:速度は足し算される。)

または

【例2】「時速○kmで走行中の車(電車)から、進行方向とは逆向きに時速○kmの速度でボールを投げたら、ボールはどうなる?」
(答え:速度は引き算される。)

という理論の応用で考えることができます。

台風の東側でのは、【例1】と同じ理由
「台風の進む速度」と「台風の風の向き」が同じなので
風の速度が足し算されて
風が強くなるのです。

「風の速度が足し算とか引き算とか、わかりにくい!」という方へ
次で「速度の足し算引き算」について、もう少し解説します。

さっさと「台風の東側の雨」について知りたい方は
こちらをクリックすると、読み飛ばせます。⇨「台風の東側で雨が強い理由」

スポンサーリンク

台風の進行速度と風の強さが足し算?を楽しく解説

因みに、【例2】の速度が引き算されるって話、ちょっと想像できませんよね。

例えば

時速100kmで走行中の車から、進行方向とは逆向きに時速100kmでボールを投げると・・・

はれの
はれの

ボールは垂直に地面に落ちます。

車が進む方向とボールを投げる速さが同じなら、ボールは真下に落ちます。

この実験をリアルでやってみたのが、フジテレビで過去に放送されていた「トリビアの泉」です。

「トリビアの泉」でやってみた実験では、本当にボールが垂直に地面に落ちていました。

もしYouTubeの動画が消されてなければ、こちらで観れるかもしれません。

はれの
はれの

さらにわかりやすく、詳しく解説されている動画もありました!

車が進む速度と、大砲の玉が飛び出す速度の違いで、玉がどのように動くのか、ものすごくわかりやすく説明してくれてます!感謝!(≧∇≦)

つぎは台風の風について、もう少し詳しくお話ししますが
さっさと「台風の東側の雨」について知りたい方は読み飛ばしてください。

こちらをクリックすると、読み飛ばせます。⇨「台風の東側で雨が強い理由」

スポンサーリンク

台風の風の向きについて更に学ぶ

私たちがよく知っている台風の風の向きは、反時計回りです。

はれの
はれの

台風だけではなく、北半球の低気圧は全て反時計回りです。※竜巻は時計回りもあり得る。

そして反対に、南半球の低気圧は時計回りです。

これは、地球が自転していることによる「コリオリの力」のせいですが

「コリオリの力」は、「回転している物体の上での見かけ上の力」。

ここは心で理解(?)するのは難しいので、「そういうもの」だと思っておいてください〜

スポンサーリンク

台風の東側で雨が強い理由

台風の東側で雨が降る多くなったり、強くなる理由は

台風の風の向きのせいです。

私たちの住む日本の大気は

  • 北に寒気
  • 南に暖気(暖かく湿った空気)

があります。

上の図のように

  • 北に寒気
  • 南に暖気

がある場所に台風が来ると、東側で「暖かく湿った空気」を台風に取り込みます。

「暖かく湿った空気」は、「雨雲の素」なので

どんどん雨雲が生まれて

南東側で雨が多く・雨が強くなるのです!

一方、西側では

北側からの冷たく、比較的乾燥した空気を取り込むことになります。

台風の西側に送り込まれた「冷たく、比較的乾燥した空気」は

東側の「暖かくて湿った空気」より、雨雲の素になりにくいので

結果として

「台風の東側の方が大雨になりやすい」

となるのです。

でもね。

台風の東側以外が安全なわけではないんです!

スポンサーリンク

台風の東側以外も大雨になる?!

台風が大雨を降らせるのは、東側だけではありません!

台風が持っている大雨を降らせるアイテム

  1. 台風の目の壁雲
  2. スパイラルバンド

台風の目は、東西南北関係なく通るし

スパイラルバンドは、北側にも東側にも南側にも生まれます!

「自分の住んでいる地域は、台風の東側は通らないから安心♪」

なんてことがないように、万全の準備をしましょう〜

そして、台風の降らせる大雨には

  • 地形
  • 前線

も、大きく関係します。

山の南側では、「南から来た暖かく湿った空気」が

山の斜面を強制的に登ることで、雨雲が生まれます。

秋雨前線など、雨の降りやすい要素が詰まった場所に

台風が燃料(暖かくて湿った空気)をガンガン投入すると、大雨になります。

スポンサーリンク

大雨で避難するタイミングと、急遽避難することになった場合の持ち物について、こちらの記事でお伝えしています。
↓ ↓ ↓

台風の東側が危険なのは日本だけ?

日本人は、テレビなどの天気予報で

「台風の東側の危険」について、度々耳にします。

でも・・・

「台風の東側が危険」なのって、世界共通のことなのでしょうか?

台風は「熱帯低気圧」という熱帯生まれの低気圧

地域によって

  • ハリケーン(アメリカ周辺)
  • サイクロン(北インド洋と南半球)

という名前で呼んでいますが、全く同じものです。

これら

  • 台風
  • ハリケーン
  • サイクロン

は、生まれてしばらくの間、西に進みます。

台風たちが西に進む理由は

熱帯地域では「偏東風(貿易風)」という東から西に吹く風に乗っているからです。

ということは、熱帯地域では

北半球の台風とその仲間たちは、「北側で風が強い」ことになるし

南側でも「暖かく湿った空気」を吸い込みながら進むので「北側でも南側でも雨が強い」ってことになりますよね。
↑結局、どの方向でも雨が多く・強い!

そして南半球の熱帯地域では、進行方向が西ですが、渦が逆向き(時計回り)なので

  • 「南側で風が強い」
  • 「どの方向でも雨が強い」

ってこと。

更に、熱帯地域(低緯度地域)から温帯地域(中緯度地域)に移動した台風たち

北半球では北に進み

南半球では南に進みます。

この時、北半球では

  • 東側で風が強い
  • 南東側で雨が多く・強い

南半球では

  • 東側で風が強い
  • 北東側で雨が多く・強い

おお!

なんと、北に進んでも、南に進んでも

「台風たちの東側は危険」ということになりますね!

「台風の東側が危険」なのは世界共通って言っても良さそうです!!!

スポンサーリンク

さいごに

台風の東側について、風と雨のことをお話ししました。

台風は乱暴者ですが、赤道に近い暖かい海からたくさんの水を運んできてくれる

ありがたい存在でもあります。

でもいつもいつも、沖縄から北海道まで

日本を舐めるように北東に進んでいく台風を見ていると

わざと日本に意地悪しているように思えてなりませんが!笑

「地球温暖化のせいで、台風の勢力が強くなる」なんてことをいう人もいますが

台風の勢力が強くなることを心配しても、私たちには何もできないので

毎度来る台風に備えて、

  • 天気予報をチェック
  • 屋外に物を置かない
  • 外出しない
  • 必要なら早めの避難

を徹底するのがいいと思います。

台風の風の吹き返しについて、いつからいつまで注意すれば良いのか
吹き返しの時間についてお伝えしています。
↓ ↓ ↓

台風・大雨などで避難所に行くタイミングと
急に避難することになったら、何を持って避難すれば良いのかを
お伝えしています。
↓ ↓ ↓

その他の台風に対する素朴な疑問をまとめています!
↓ ↓ ↓

台風って、条件さえ揃えば生まれるわけじゃないんですよ。
中心気圧が低くても、大きな台風になるとは限らないんですよ。
台風の目って、絶対晴れるわけじゃないらしいですよ。

などなど、これを読めば、台風にめちゃめちゃ詳しくなれます!