適正な湿度とは?季節や気温・目的による快適な湿度ってどれくらい?

適正な湿度って何%なのか?

季節や気温によって、ちょうど良い湿度は違うし
風邪やインフルエンザ予防しようと思ったら、部屋にカビ生えるし!!!

湿度は気温や目的によって、適正値は違います。

ズバリ、適正なのは「気温25℃で湿度60%」!

この記事では、この適正湿度の根拠をまとめました。

目的別の適正な湿度表

適正な湿度について、

  • 「快適」だと感じる湿度
  • 「インフルエンザ予防」の湿度
  • 「カビ防止」の湿度

をまとめた表がこちら⇩

気温(℃)「快適」湿度インフルエンザ予防カビ防止
157086以上60%未満
2050以上64以上60%未満
2580以下48%以上60%未満
3020以下36%以上60%未満
  • 快適
  • インフルエンザ予防
  • カビ防止

の3つ、全てが当てはまるのは

気温が25℃で、湿度48%以上60%未満の状態

他には

  • 目へのためには50%以上
  • お肌のためには60~65%
  • 鼻・喉・風邪予防には40%以上

という条件もあるので・・・

完全に誰に対しても適正な湿度は
「気温25℃における60%」

快適って、湿度だけでは難しい。
そして、お肌に良い湿度と、カビ防止の湿度を両立させるのは難しいです…。

では次に、この「気温25℃で湿度60%」という数値、どうやって計算したのか詳しくお話します!

「適正な湿度」は何に対して適正なのかで計算する

「適正な湿度」って、何に対しての「適正な湿度」?

  • 快適に感じる湿度?
  • 体に良い湿度?
  • 風邪予防になる湿度?
  • インフルエンザ予防になる湿度?
  • カビが生えにくい湿度?

巷では、それぞれ〇%が良い!なんて言われています。

そこで、それぞれの目的別に適正な湿度を確認しますよ!

「快適を感じる」適正な湿度

建築の世界では、室内の適正な湿度(望ましい湿度)は40~70%って言うんです。

更に不快指数から調べると、60~74%「快適な湿度」だって言うんです。

でも、湿度って気温によって、快適な湿度も変わりますよね!

冬は70%の湿度で快適でも

夏に70%の湿度はジメジメして辛い!

そもそも一般的に言われる「湿度」って

  • 気温10℃で70%
  • 気温30℃で70%

の2つでは、水蒸気の量が1.3倍違います。

そこで月ごとに、屋外の平均気温(1日の最高気温の平均)平均湿度

「不快指数」から適正な湿度の範囲を表にしました。
※赤字が「適正湿度」です。

屋外の平均最高気温(℃)屋外の平均湿度(%)適正湿度(%)適正湿度にするための加湿・除湿
1月10.353.370加湿したほうがいい
2月11.25570加湿したほうがいい
3月15.260.870加湿したほうがいい
4月20.467.570なし
5月25.366.770なし
6月26.47620~65除湿したほうがいい
7月31.178.820除湿したほうがいい
8月31.37920除湿したほうがいい
9月26.982.520~65除湿したほうがいい
10月22.173.520~70除湿orなし
11月16.97170なし
12月12.658.2570加湿したほうがいい

適正湿度がマックス70%になっている理由は、カビ防止という理由からです。

それと、湿度を20%にするのも実際日本では無理ですよね!

だから冷房しないと「快適」にはならないんです…。

そして

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 12月

も、加湿だけでは快適にはならず、暖房も必要です。

ということは、室内の気温ごとに適正湿度を知りたい!

というわけで次に、冷暖房した場合の「気温ごとの適正湿度」をまとめました~。

スポンサーリンク

冷暖房した場合の「気温ごとの適正湿度」

冷暖房した室温って20℃から30℃と考えて、快適に感じられる最適湿度を計算しました!

(また湿度20%が出てしまいました!30℃は冷房しましょう!!!)

温度(℃) 快適に感じる適正湿度(%)
2050以上
2130以上
2220以上
2310以上
2490以下
2580以下
2665以下
2750以下
2840以下
2935以下
3020以下

部屋の温度計を見て、この湿度にすれば

いわゆる「快適」に感じられるはずです!(あくまでも計算上です)

単純に

「湿度は40~70%が快適なんだよ」

ということではないのです。

結論
「適正(快適)な湿度は気温で決まる。
だから気温ごとに適正湿度を計算するべき!」

では次に、目的別に適正な湿度をまとめます。

目的別の適正湿度

風邪やインフルエンザ予防のために、加湿を頑張っていたら部屋にカビが生えた!

暑くて除湿していたら、お肌がガサガサになった!

なんてよくあることです。

だから目的別に、適正な湿度ってどれくらいなのかをまとめました。

目に適した湿度

目に適した湿度は、冷暖房した気温で50%以上。

  • ドライアイ
  • 疲れ目
  • 眼精疲労

などなど、湿度と目の調子は切っても切れないものです。

目薬ばかりに頼らず、湿度にも気をつけましょう!

お肌に適正な湿度

お肌の潤い重視の適正湿度なら、冷暖房した気温で60~65%。

ドライアイにも良いです!

喉に適正な湿度

鼻や喉の粘膜を守る適正な湿度は40%以上です!

鼻や喉の粘膜は、乾燥に弱いです。

加湿器を使わなくても、マスクをするだけで効果ありますよ♪

風邪・インフルエンザ予防に適正な湿度

風邪防止の適正な湿度は、鼻や喉の粘膜を守る湿度なので40%以上

でもインフルエンザ防止の適正湿度は別です!

同じ40%の湿度でも、気温によって空気中の水分量は違います。

インフルエンザ予防には、空気中の水分量が11g/m3以上が良いという研究結果が出ています。

11g/m3以上って、どれくらいの湿度なのか、表にまとめました。

気温(℃)飽和水蒸気量(g/m3) 適正な湿度(%)
56.81100
109.41100
1512.8586以上
2017.3164以上
2523.0648%以上

インフルエンザ予防には

室温20℃でも、64%以上が適正な湿度と言えます。

11月から3月までの屋外は、インフルエンザウイルス危険地帯です!

カビ予防に適正な湿度

カビが元気に生えてしまう環境は

生育に適した環境生育可能な環境
気温20~30℃0~40℃
湿度80%以上60%以上

カビの場合はインフルエンザと違って

空気中の水分量(絶対湿度)ではなく、飽和水蒸気量に対する相対湿度が重要です。

相対湿度が重要な理由は、カビは水蒸気ではなく水(液体)があると増えるからです!

氷(固体)でもありません。

なんてこった・・・

インフルエンザ予防のために湿度を60%以上にすると
今度はカビが生え始めるなんて~

ここまで適正な湿度について学んできたあなたは、きっと

湿度ってどうやって計算してるの?
「相対湿度」とか「絶対湿度」って何?!

と疑問が膨らんでいるはずなので、サクッと解説しちゃいますね!

スポンサーリンク

相対湿度と絶対湿度

「空気中に含むことができる水蒸気量の最大値」が飽和水蒸気量です。

空気中に含まれている水蒸気量が、飽和水蒸気量の何%か?というのが

一般的に「湿度」と言われている「相対湿度」のことです。

相対湿度の計算式

相対湿度(%)=水蒸気量/飽和水蒸気量×100

又は

相対湿度(%)=水蒸気圧/飽和水蒸気圧×100

「水蒸気量」でも「水蒸気圧」でも、どっちでもOKです!

絶対湿度の計算式

絶対湿度(g/m3)={飽和水蒸気量(g/m3)×相対湿度(%)}/100

1立方メートルの中に、何グラムの水蒸気があるか?

というのが絶対湿度と思っておけばOKです!

じゃあ、よく聞く「不快指数」についても解説しちゃいますね~

不快指数ってどうやって計算してるの?

「不快指数」は、民間の気象会社が一般人にもわかりやすいように

温度と湿度を合わせたものを数値化したものです。

計算方法の細かいところは、気象会社ごとに違いがあるはずですが

一般的に「不快指数」=0.81×気温(℃)+0.01×相対湿度(%){0.99×気温(℃)-14.3}+46.3

この「不快指数」計算式で出た値・70前後が一番快適に感じる人が多い

ってことです。

感じ方は個人差がありますが、まぁ同じ地域に住んでいれば、皆同じように感じるものじゃないでしょうか?

「不快指数」を簡単に計算してくれるサイトもあります!→不快指数計算サイト

スポンサーリンク

快適な湿度についてのまとめ

適正な湿度について、各方向からお伝えしてきましたが、結局どうしたらいいのか

最初に紹介したこ表はこちらです。⇩

気温(℃)「快適」湿度インフルエンザ予防カビ防止
157086以上60%未満
2050以上64以上60%未満
2580以下48%以上60%未満
3020以下36%以上60%未満
  • 目へのためには50%以上
  • お肌のためには60~65%
  • 鼻・喉・風邪予防には40%以上

全ての条件を兼ね備えた適正な環境は

「気温25℃における湿度60%」

ちょっとカビとお肌の適正湿度がせめぎあっていますが

ここが限界の数値かと思います!

いや~湿度って奥が深いなぁ~