ゲリラ豪雨の原因とは?発生の仕組みを超わかりやすく解説!

ゲリラ豪雨の原因は突然発達した積乱雲です。

ゲリラのように突然生まれて成長する積乱雲の仕組みと

  • 夕立ち
  • スコール

との違いや

  • ゲリラ豪雨は何分くらい降り続くのか
  • 「ゲリラ」なんていつ・誰が言い始めたのか
  • 田舎では発生しないのか?
  • そろそろゲリラ豪雨予報できてもいいんじゃないの?!

など、超文系の人にもわかりやすく解説しますよ〜(^^)

ゲリラ豪雨の原因は突然生まれた積乱雲

ゲリラ豪雨の原因となっているのは、積乱雲です。※積乱雲について、詳しくはこちら記事で解説しています。
積乱雲の特徴と見分け方 ゲリラ豪雨を降らせる積乱雲は、

地上と上空の気温差が大きくて
空気中に水蒸気が多い という時に、生まれます。

しかも、めちゃくちゃ良い天気で暑い日に!急に積乱雲が生まれて 急に積乱雲が移動してきて 大粒の雨を降らせていく…

そんなゲリラ豪雨の原因を、もっと深掘りするために
まず「ゲリラ豪雨が生まれる仕組み」からお話しさせてください!

ゲリラ豪雨発生の仕組み

「ゲリラ豪雨の原因は、急に発生・発達した積乱雲」。

だから、そんな急に積乱雲が発生・発達する理由はなんなのさ?!

それはね…空気が・晴れて地面近くが暑くなる。

  • 人工的な熱で地面近くが暑くなる。
  • 人工的な水蒸気で地面近くがジメジメする。
  • 暖かく湿った空気が入ってくる。
  • 上空に寒気が流れ込んでくる。

という状況になると
積乱雲が急に発生・発達するのです。

地上付近が

  • 暑い
  • 湿っている

ことに加えて「上空に寒気が入ってくる」っていうのがポイントですね。

つまり、ゲリラ豪雨を降らす条件は

  • 上に冷たい空気
  • 下に暖かい空気(水蒸気をたくさん含む)

上空に冷たい空気があって、地上付近に暖かい空気があるということは
下に軽いものがあって、上に重いものがあるという状態です。

重いものは下にある方が安定するし、軽いものは上にある方が安定するので
暖かい空気と冷たい空気は、場所交代をしようとするんです。

この時、暖かい空気が水蒸気をたくさん持っていれば
上空に昇るついでに、大きな雲を作ってしまうのです。

まとめると・・・

ゲリラ豪雨発生の条件まとめ

ゲリラ豪雨が発生する条件は

  • 地上付近が暑いこと
  • 湿った空気がある・又は入ってくること
  • 上空に寒気が入ってくること

頭ん中がスッキリしましたか? それにしても、ゲリラ豪雨と夕立ちやスコールって、どう違うのでしょう?

ゲリラ豪雨の原因・仕組みは夕立ちやスコールと同じ?

ゲリラ豪雨と夕立ち・スコールとの違いってなんなのか、なんだか一緒のように思えます。

ではまず、夕立ちとの違いから考えてみましょう。

ゲリラ豪雨と夕立ちとの違い

夕立ちの原因は、夏の蒸し暑い日の日中に
地面付近が温められ
上空との温度差が大きくなって
積乱雲が発生・発達すること。

・・・・。

ほほう・・・。

だからゲリラ豪雨と夕立ちの違いは?!

ゲリラ豪雨と夕立ちの違い雨が降るのが夕方じゃないことと
雨が激しいこと
(豪雨であること)

そもそも、「ゲリラ豪雨」にも「夕立ち」にも

1時間に○mmの雨が降ったら「ゲリラ豪雨」で
1時間に△mmの雨が降ったら「夕立ち」ね!
っていうちゃんとした定義がない言葉なのです。

それと「夕立ち」って短時間に大粒の雨が降るものですが
「豪雨」かと言われたら…違いますよね?

そもそも「豪雨」っていうのは

著しい災害が発生した顕著な大雨現象

引用:気象庁

のことです。

そして、気象庁は「ゲリラ豪雨」という言葉は使いませんがその定義を

局地的大雨、集中豪雨など。

引用:気象庁

としています。

局地的な大雨っていうのは

・1時間に数十ミリの強い雨が降ること
・狭い範囲に降ること
・急に降ること

そこで「強い雨」ってどれくらいの雨のことなのか、表にまとめました!

雨の呼び方雨の量
強い雨1時間に20mm以上30mm未満の雨
激しい雨1時間に30mm以上50mm未満の雨
非常に激しい雨1時間に50mm以上80mm未満の雨
猛烈な雨 1時間に80mm以上の雨

「数字で20mmとか、50mmなんて言われてもピンとこないよ!」と言う方は

こちらの記事で詳しく解説しているので、参考にして下さい。


降水量20mmから100mmってどれくらい?

ゲリラ豪雨って言うのは、災害を起こすような「猛烈な雨」だけじゃなく
「ザーザー降り」の夕立ちも含めている印象です。

そういえば、数年前まで私が住んでいた
とっても緑が豊かな田舎で
午後1時ごろに局地的大雨に遭遇しました。

あれは「ゲリラ豪雨」だったのか、昼間だから「夕立ち」って言うより「スコール」?

と言うわけで、次は「ゲリラ豪雨とスコールの違い」についてお話ししましょう〜

ゲリラ豪雨と熱帯のスコールは同じ?

熱帯のスコール(※1)が発生する原因は

  • 豊富な水蒸気
  • 高い気温

です。→スコールについてはこちらで解説しています。

※1:スコールとは、気象用語的には短時間に強くなった強風のこと(雨や雷を伴うこともある)を言いますが、ここでは一般的に知られている「熱帯・亜熱帯の激しいにわか雨」のスコールについてお話ししています。

ざっくり考えれば、ゲリラ豪雨もスコールも原因は同じ

そして、東南アジアの気温と日本の夏の気温って同じくらいです。

例えば

  • マレーシア(クアラルンプール)の8月の平均最高気温は32℃。
  • 昨年(2018年)の東京の平均最高気温は32.5℃。

ってか日本、めっちゃ暑い!

そして、日本人はスコールに慣れてない分、突然の局地的大雨を「ゲリラ」って言っちゃうんでしょうね。

熱帯地域の人たちは、「毎日雨は降るもの。」くらいに考えていて、驚きませんからね。

そして「夕立ち」は、農家にとって「恵みの雨」でもありますが
雨が不要な人にとっては迷惑なものでもあります。

そんなゲリラ豪雨、何分くらい降り続くの?!

ゲリラ豪雨は何分くらい続く?雨宿りに必要な時間はどれくらい???

ゲリラ豪雨を降らせる積乱雲の大きさと寿命

  • 縦:約10km
  • 横:約5〜10km
  • 寿命:約1時間

次々に積乱雲が発生することがなければ、1時間ほどの雨宿りをすれば
ゲリラ豪雨の雨はやむでしょう。

ジタバタせずに、屋根のあるところで雨宿りしましょうね。

※雷が聞こえたら建物内や車の中に入るか、背の高いものから4m以上離れましょう!

そういえば、「ゲリラ豪雨」なんて、子供の頃は聞いたことがない!と言う昭和生まれのあなた。

次は「ゲリラ豪雨」って、いつ、誰が言うようになったのか?!という疑問についてです!

ゲリラ豪雨は昭和生まれ…っていつ誰が言い始めた?

「”ゲリラ豪雨”なんてキャッチーな言葉、どうせ民法の気象予報士だろう?」と思うでしょう?

いえいえ。
実は「ゲリラ豪雨」は昭和生まれ。

  • いつ?→1969年
  • 誰が?→気象庁の職員

なんと私が生まれるより前、1969年生まれの「ゲリラ豪雨」

気象庁の職員が

「不意打ちで、予測できない、1時間程度の大雨」

のことを「まるでゲリラ!」と感じて呼び始めたようなのです。

でも・・・

気象庁では、正式な用語になることはなく今でも

  • 「局地的大雨」
  • 「集中豪雨」

と表現しています。

2019年には、満50歳を迎える「ゲリラ豪雨」。

世間では、「最近増えている!」と思われていますが、増えている原因は温暖化のせいなのでしょうか?

ゲリラ豪雨の原因は温暖化なのか

ゲリラ豪雨の原因は、地球が温暖化しているせいなのか簡単には結論は出せません。

でも、ここ30年間で

  • 日本の平均気温が上昇していること
  • 大雨が増えていること

は事実です。

気象庁によると、日本の平均気温は、1.21℃/100年のペースで上昇していて

ウェザーニューズによると

  • 1時間に50㎜以上の「非常に激しい雨」は、30年前の約1.3倍
  • 1時間に80㎜以上の「猛烈な雨」は、30年前の約1.7倍

確かに温暖化はしてるっぽいし、大雨も増えています。

でも都市部のゲリラ豪雨については、

  • 地面の多くがアスファルトに覆われていること
  • 高層ビルがあり、空気が流れにくいこと
  • 一斉にエアコンを使っていること

など、原因はたくさんあるはず。

「ゲリラ豪雨」の原因を、全て「温暖化のせい」とするのは、違う気がします。

ゲリラ豪雨は都会だけじゃない!田舎でも発生するよ!

ゲリラ豪雨は、都会だけのものではありません。
田舎でも発生します。

ただ田舎には、

  • 風をさえぎる高層ビルがない。
  • エアコンの大量使用がない。
  • アスファルトもあるが、地面や植物の緑が多い。

という「ヒートアイランド現象の条件」がないので、都会のようなゲリラ的な豪雨の確率は低いでしょうね。

ゲリラ豪雨の原因と仕組みがわかってるんだから予報できるよね?

ゲリラ豪雨について、ここまで詳しく原因や仕組みがわかってるんだから

そろそろ予報できてもいいんじゃないか?!と思いますよね。

でも・・・

残念ながら、まだ前日など早めの予報はできていません。
(※数時間前には予報が出ています。)

スーパーコンピューター「京」を使って、なんとか高確率で予想する方法が研究されています。

でも積乱雲が1つ単位で生まれるのを予測するのは、なかなか難しいのです。

だがしかーし!数時間前なら予測できています!

気象庁の「レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)」は、ゲリラ豪雨の天気予報として、かなり便利に使えます!

ゲリラ豪雨が心配になった時にオススメなので、ぜひチェックしてみてください!!!

ゲリラ豪雨の原因まとめ

ゲリラ豪雨の原因は「突然発生・発達した積乱雲」

原因となる積乱雲が生まれる仕組みは

  1. 地上付近が暑いこと
  2. 湿った空気がある・又は入ってくること
  3. 上空に寒気が入ってくること

湿度高い上に、日中30℃を越すような真夏日は、「もしかしたら…」と思って注意しましょう!