「一般気象学 第2版」一般知識〜実技に役立つ最もおすすめの本

created by Rinker
¥3,080 (2024/07/23 04:06:16時点 Amazon調べ-詳細)

小倉義光先生著の「一般気象学 第2版」は、気象学に興味のある方なら、受験関係なく面白い本だと思います。

目の前で小倉先生が語ってくれているような文章で読みやすく、文中で先生おすすめの書籍を紹介してたりします。・・・素直に買っちゃいましたw

ただ、ベースになる知識がないと、内容を理解するのが難しいかもしれません。

例えば、「気象予報士になる!勉強する!」と言う小学生や中学生に、「じゃあ、この本で勉強してね!」と渡すのは不親切かなー。

とはいえ、この本に掲載されている図は、高頻度で試験に登場します。

だから気象予報士試験を受験される方には、レベルが合っているかどうかに関わらず、とりあえず購入することを強く!おすすめします!

おすすめするんだけど、この本で解説されている力学・熱力学系の内容は、はっきり言って簡単ではありません。

数式が苦手な人は目が白抜きになって「チーン・・・」となるレベルの文字式が、遠慮なく登場します。

「え、私、どこか読み飛ばしました?」と数ページ戻ったところで何もわかりません。(個人の感想です)
でも受験するなら必須だからね!

また、この本の内容は、ほぼ気象業務支援センターで公開されている試験科目通りです。

巻末には試験でも役立つ天気記号から基本的な数値、50音順の索引もついてます。

つまりどの角度から見ても、試験には必須で最適なテキストなのです!

最後に…受験される方には、次のことをお伝えしておかねばなりません。

この本には気象業務法についての記述は皆無なので、別途教材を用意したり、過去問から「気象業務法・法規」を学ぶようにしてください。

さ、購入がまだの方はこちらですよ。

created by Rinker
¥3,080 (2024/07/23 04:06:16時点 Amazon調べ-詳細)

他の本も見ていきますか?